カンボジア在住で日本人男性は体重が減少、女性は増加する?

スポンサーリンク
かなこ
なんか、カンボジアに来てから太ってきちゃった(泣)
クルパー
俺は、逆に体重が減ってきてしまったよ(泣)
かなこ
え〜羨ましいな〜、私の周りの女子もみんな体重が増えたって言ってる!
クルパー
そういえば、俺の周りの男子も日本にいたときより、痩せたっていう人多いな!
かなこ
なんか不思議だよね!
クルパー
確かになんでだろう??
かなこ
でも、市場に行くと甘い果物がたくさんあるからついつい手が出ちゃうんだよね
クルパー
いやいや、それが原因なんじゃない(笑)?

カンボジアに住み始めた当初、知り合いの日本人の女の子とこんな会話していたのを覚えています。

もちろん、誰もがそうなると言い切れるわけではないのです。ただぼくが、カンボジアで知り合った日本人の男性と女性(約30人ほどですが)、過半数以上の人が、カンボジアに来て数ヶ月のうちに男性は体重が減少し、女性は増加していました。

ほとんど多くの場合、男女で差があったので、ぼくなりにその要因を簡単に書いてみますね。

あくまで、ぼくの在住経験から言っているだけなので「ふ〜ん、そうなんだ」程度にテキトーに読み流してもらえれば大丈夫です。

まず、女性が痩せない要因として、考えられるのが次の2点

①カンボジアに来る女性は、精神的に強い(環境変化に動じない)人が多い
②カンボジアでは甘い果物が安くたくさん手に入るのでついついつまみ食いしてしまう

一方で男性が痩せてしまう要因として、考えられるのは、次の1点

①カンボジアに来る男性は、女性に比べて環境変化に敏感過ぎる

パッと思いつくのこんなところでしょうか。

女性は環境変化など適応能力が男性よりも高い?

適応能力に男女差はあるのでしょうか?
実際のところどうなんでしょう?

ネットなどでいろいろ調べてみても、女性の方が男性より適応能力が高いという確証を見つけることはできませんでした。(一応、女性の方が環境変化などあった場合、適応能力が男性より高いという記事は散見されますが・・・)

スポンサーリンク

でも確かに、ぼくの経験からしても、カンボジアに来る女性はたくましいの一言です。
いや、たくましすぎるくらいです。笑

男性もたくましい人が多いのは事実なのですが、女性と比較してしまうと、繊細な部分を持ち合わせている人が多かったように思います。

その点、女性の方がカンボジアに溶け込むスピードが早く、食べる量も半端なかったから、とても繊細とは言い難いですね。

男性は、カンボジアに来てすぐには体が馴染まず、みんな痩せていくようです。
カンボジアのご飯は美味しいので男性もよく食べるんですけどね!

カンボジアの定番朝ごはん。「バイサイチュルーク(豚肉乗せごはん)」と食後のコーヒーでまったりモード全開

2016.01.12

カンボジアという異国の地、当然、文化、生活環境、食事、全てにおいて日本とは異なります。

このような状況下では、男性よりも女性の方が適応しやすいというのも一理あるのかもしれません。

カンボジアには甘くて美味しい果物がたくさん!

ぼくの周りにいた女性たちだけなのかもしれませんが、甘い物を食べる食べる笑

カンボジアの市場に行けばわかるのですが、美味しい果物がたくさん並んでいて、安く手に入ります。

ライチやマンゴー、ドラゴンフルーツなど山積みされています。
市場の写真(写真はぼくの好きなライチとバナナ)

カンボジアには、南国のフルーツが揃っています。しかも値段が安いですからね。
女性が食べてくなってしまうのはよくわかります。

ただ、限度ってものがあるような・・・

結論

女性はカンボジアという異国の地に素早く環境変化に対応し、貪るように果物を食べまくる!

まあ、ぼくの知り合いの女性がこんな感じでしたので、そりゃ〜ね、体重も増えるわ!
てか、カンボジアに生活してみて、女性は強いものだと改めて認識させられたように感じます。

ちなみに、男性も1年くらい経ってから、徐々に体重が戻ってくる人も多いようです。

ぼくの勝手な私見なので、あくまで参考程度に!!

では、また!

スポンサーリンク