【便利すぎ】ApplePay×JCB×Suicaでキャッシュレス

スポンサーリンク

どうも、くるくる天然パーマです。

 

ApplePay(アップルペイ)を利用してから、支払いの場面でものすごく楽になりました。

 

もし今、iPhoneユーザーの方でApplePay(アップルペイ)を利用したことがなければ、今すぐ登録して利用することをおすすめします!

 

これほど便利なものはありませんので、、

・ApplePayを登録する

 

キャッシュレス生活のメリット

今、キャッシュレス化がかなり進んでいますね。

 

ぼくも支払いのほぼ9割以上をキャッシュレス決済にしています。

 

一部、現金でしか対応できない場所(病院や一部の店舗)があるので、完全にキャッシュレス化はできていませんが、現金を持たなくても生活することがほぼ可能になってきています。

 

キャッシュレス生活のメリットは様々あるのですが、大きなメリットとしては次の2点ですね。

 

キャッシュレス生活のメリット
・現金がなくても決済可能
・支払いが一瞬

 

当然、決済時は現金が不要です。

 

なので、いちいち財布からお金を出したり、おつりで財布がパンパンになることもありません。

 

そして、支払いが一瞬で完了します。

 

意外とこのメリットをあまり感じていない方が多いと思うのですが、めちゃくちゃ楽なんです。

 

財布から小銭が出しづらかったりして、お金を出すことに時間がかかったり、面倒だと感じたことはないでしょうか?

 

少しでもそのように感じたことがあるなら、キャッシュレス生活に切り替えることでかなり便利さを感じるはずです。

 

Apple Pay×JCBカード

まず、Apple Payにクレジットカードを登録することで、ちょっとした買い物程度であれば、クレジットカードが不要になります。

 

つまり、クレジットカードを持ち運びする必要がないので紛失のリスクを軽減させることができます。

 

以前は、財布にクレジットカードを入れており、財布を失くすとクレジットカードも同時に失くすといったことを何度も経験していました、、

 

クレジットカードの不正利用を防ぐために、速攻でクレジットカードが会社に連絡するなどしなければならず、厄介だったのを記憶しています。

 

それが、Apple Payの利用によって、iPhoneにクレジットカードを登録できるため、持ち運びすることがなくなり、紛失のリスクを減らすことができました!

 

なので、ぼくは基本的にクレジットカードを家に置いています。

 

ちなみにぼくは、Apple PayにJCBカードを登録して利用しています。

 

Apple PayでJCBを利用すると、QUIC Pay(クイックペイ)を利用することができるようになります。

 

ですので、QUIC Payのキャンペーンをそのまま受けることができるようになりますよ。

・QUIC PAY実施中キャンペーン

 

QUIC Payはかなり便利ですが、下記の点だけ利用する際に知っておきましょう!

注意

・QUIC Payは上限がある(上限は2万円まで)
・QUIC Pay+(クイックペイ プラス)対応のお店では上限がないが、まだ対応店舗がかなり少ない

→上限があるため、大きな買い物(2万円以上)をする際、QUIC Payが使えません!

 

まあ、上限がある分、使い過ぎ防止に繋がるので、これはこれでいいかもしれませんね。

 

Apple Pay×Suica

Apple PayとSuicaの連携もすごく便利です。

 

Suicaの支払いは一瞬で完了します。特に、顔認証する必要がありません。

iPhoneをかざすだけで支払いが完了します(ロック状態でも決済できます)。

 

ぼくは、コンビニやカフェなど頻繁に利用する場所にて、Suicaで決済をするようにしています。
※Suicaで決済すると、多少の割引がされるのでお得ですよ。

・ApplePayにSuicaを登録

 

また、Apple PayにSuicaを連携するだけで、Suicaへのチャージがすごく楽になりました。

 

手順としては次の感じです。

Suicaのアプリを起動させて、「入金チャージ」ボタンを押すと、下記の画面が表示されます。

Apple payのマークをタップします。

 

サイドバーをダブルクリックしたら、10秒ほどでチャージが完了します。

このようにすぐにSuicaの残高をチャージできるので、非常に便利です。

 

Apple Pay×JCB×Suica

Apple PayとJCBとSuicaをすべて連携させたら、ものすごく便利でした。

 

QUIC PayとSuicaだけで多くの店舗を網羅しているので、これだけで、ほぼキャッシュレス決済で生活することが可能になります。

 

ちなみにぼくは、Suicaチャージする際の請求先をJCBにして、ポイントをJCBに集約させることで、相乗効果を図るようにしています。

 

QRコード決済のPayPayもiPhoneですぐ利用可能!

最後に、ぼくはPayPayも利用しています。

 

先ほどのApple PayでQUIC PayやSuicaは電子マネーと呼ばれるものです。

 

一方、PayPayなどはQRコード決済と呼ばれています。

 

利用頻度は、電子マネーが9割、QRコード決済が1割といった感じです。

 

電子マネーの利用頻度が大きい理由は、ぼくがよく使っている家計簿アプリのマネーフォワード MEがPayPayに対応していないため、管理しづらいといった理由からです。

 

ただ、PayPayもアプリをダウンロードして登録するだけなので、簡単に利用することができます。

 

電子マネーにしろ、QRコード決済にしろ、キャッシュレスはお得で支払いが楽ちんなので、まだ利用したことがない方は是非!

 

それではまた!!

スポンサーリンク