【スマホ決済】アップルペイでクイックペイ・スイカ連携が超絶便利!

スポンサーリンク

ついにキャッシュレス時代が到来しましたね。

この時をかなり待ち望んでいました。

今のぼくの支払いはほぼキャッシュレスになりつつあります。

完全キャッシュレスになれていないのは、まだまだ現金でないと支払いができないお店があるからです。これは仕方ないですね。

キャッシュレス決済に対応しようとするとシステムなどの導入コストが掛かってしまったりと、まだまだ課題はあるみたいですね。

まあ、それでも数年前と比較したら多くのお店でキャッシュレスで対応ができるところが増えてきています。

支払いの90%をキャッシュレスにしているぼくですが、すべてスマホ決済です。

スマホ決済とは?

スマホをかざしたり、コードを読み込むことで現金やカードを使わずにスマホだけで決済する。大きく2つの方法に分かれる。
・NFC⇒スマホをお店にあるリーダーにかざして支払う方法
(Apple Payやおサイフケータイ、Google Payなど)
・コード決済⇒QRコードやバーコードをスマホに表示したり、読み取ったりして支払う方法(楽天ペイ、LINE Payなど)

ぼくはiPhone Xを使ってスマホ決済しています。

もし、iPhoneユーザーの方でスマホ決済をまだ利用していない方がいればApple Pay(アップルペイ)を使わない手はないですよ。
※iPhone 7以降が対象です。

ぼくはiPhone Xを買ってからApple Payをずっと使っています。

いや、Apple Payを使いたいがためにiPhone Xにしたというのが正しいですね。(笑)

iPhoneはどんどん先に進んでおりますが、iPhone Xの機能で十分なのでしばらくはこのまま使い続けていきます。

iPhoneユーザーはApple Pay(アップルペイ)がおすすめ!

スマホ1つで支払いが完了できるのは本当に素晴らしいと思っています。

iPhoneユーザーの方で、まだスマホ決済をやったことがないという方は、

Apple Payからスタートしてみることをおすすめします。

Apple Pay(アップルペイ)とは?

【Appleの決済サービス】
iPhoneやApple Watchにて全国の交通機関や店舗での支払いが可能。
利用時に顔認証や指紋認証が必要となるためセキュリティが高く安心して使える。

・クレジットカードの登録が必要(※iPhone 8以降は12枚までクレカの登録が可能)

Apple Pay(アップルペイ)でQUIC Pay(クイックペイ)連携

Apple Payが使えるiPhoneなどで、QUIC Pay連携するとスマホ決済できるようになります。
これはスマホをかざして行う決済方法になります。

QUIC Pay(クイックペイ)とは?

【JCBの決済サービス】
支払い方法は「ポストペイ式」と「プリペイド式」

・クレジットカードが必要
・利用上限が1回2万円まで(一部)

ポストペイ式とプリペイド式は何が違うのかですが、簡単に言うとポストペイ式は後払い。
プリペイド式はお金をチャージして使用するかの違いです。

QUIC Payと似たようなものに、「iD」というものがあります。
こんなロゴです。

仕組みはQUIC Payとほぼ同じです。利用上限がないなど多少違いはあります。dポイントとの連携が代表的です。
クレカによって、QUIC PayかiDかが決まっています。

ぼくはたまたま持っているクレカがQUIC Payだったのでそのまま利用しています。

QUIC Payを使うには、Walletアプリでクレジットカードの登録が必要となります。

Apple Wallet
Apple Wallet
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

QUIC Payのクレカの登録方法や使い方、QUIC Payに対応しているクレカの一覧ははこちらの公式サイトから確認してみてください。
iDはこちらのd CARDの公式サイトから確認できます。

 

ApplePay(アップルペイ)はSuica(スイカ)とも連携できちゃう!

Apple PayはSuicaとも連携できます!!

これがまた便利ですね。Suicaは全国の交通機関でも使えますし、コンビニでも支払いが可能です。
首都圏の方であれば、Suicaに定期と連携すれば、鬼に金棒です!!

スマホ1つでほぼ生活を完結できると思います。

支払いは指定のマークがついているところならどこでもOK!

QUIC PayやSuicaでの支払いは、指定のマークがついているお店で使えることができます。

よくこんなステッカーをお店で見かけますよね。ここに指定のマークがあれば使えます!

ちなみに、Apple Payのマークはないです。
間違ってもApple Payで支払いをお願いしますとは言わないようにしましょう。

支払う際は「クイックペイで」もしくは「スイカで」と店員さんに伝えれば大丈夫です。
あとはお店側のリーダーにかざすだけ支払いが一瞬で終わります。

サインも必要ないので超絶楽です!!

「マネーフォワード」と連携してお金管理!

最後は余談です。

お金の管理ができる「マネーフォワードーミー」という家計簿アプリをぼくは活用しています。

【家計簿アプリ効果】マネーフォワードミーで無駄遣い激減・貯金増加

2019.11.24

今回紹介したQUIC Payはクレカで支払いが請求されます。

マネーフォワードとクレカを連携させることで、そのままお金管理ができます。

ぼくはマネーフォワードを利用してからお金の管理がめちゃくちゃ楽になりました。

スマホ決済で支払いが楽になるし、マネーフォワードでお金管理ができるので、いいこと尽くしですね。

マネーフォワードの安全性が気になるのであれば、スマホ決済だけでもやってみる価値はあります。

スマホ決済は顔認証や指紋認証がないと決済できない仕組みなので不正利用されることはないですので!

まだキャッシュレスを体験していない方は、ぜひ試してみることをおすすめします!!

価値をすごく感じられるはずです!!

スポンサーリンク