普通の会社員である僕が【JCB THE CLASSザ・クラス(ブラックカード)】を入手できた方法はこちら!

カンボジアの美容院はどんな感じなのか

Interior of a beauty salon

発展途上国の美容院はどのような感じが少し気になりますよね。

当ブログをご覧いただいているということは、カンボジアの美容院がどのような感じなのか少しでも興味がある方だと思うので、

今回は、カンボジアの美容院事情について軽くまとめてみたいと思います。

カット・カラー技術は良い?値段は?

首都のプノンペンでは、あちこちに美容院があります。

カンボジアの美容院は、日本の美容院とはまた雰囲気が少し違います。

どちらかというと日本の床屋のようなイメージの方が近いかもしれません。

多くの美容院が道路に面しており、場所によっては入り口の扉がなく開放的なつくりになっています。

気になるカット技術ですが、問題ないと思います。

日本の美容院までのクオリティーを求めると少し劣るかもしれませんが、ほとんど気になるレベルではないといえます。

プノンペンで髪を何回もカットしてもらいましたが、手際もよく感じも良かったです。

髪の毛を染めてみたことがありますが、カラーに関してもムラなく染められていて満足いくものでした。

ただ、髪の毛へのダメージへのアプローチに関しては、まだまだ心配するレベルかもしれません。

またカット料金ですが、プノンペンでは約200円ほどです。

髪の毛を染めても1,000円未満でできます。

日本と比較してかなり安いですね。

地方の美容院はどんな感じ?

カンボジアの田舎で髪をカットすることはまずないと思いますが、ぼくの実体験について書いてみます。

田舎ではバリカンで髪の毛を切り始める!

バリカンでカットがスタートするという大胆さに衝撃を受けたのを今でも鮮明に覚えています。

そんなに短くカットしてほしいと要望したはずなのですが、おもいっきり切られました。(笑)

ちなみに、美容院というイメージとはほど遠いです。床屋というより、そんなにきれいな場所ではないです。

ただ、値段はなんと日本円にして約60円!!!

これは安すぎる。(笑)

プノンペンでさえ安いのに、それを上回る安さです。

そこまで、髪の毛にこだわらない男性の方であれば、値段的に最高です。

日本でQBハウスのように、カット時間も短くて値段が安い場所でも1,000円は超えますからね。

カンボジアの田舎では、待ち時間ゼロで60円くらいでカットしてくれます。

興味のある方はぜひカットしてみてはいかがでしょうか。