「カンボジアの家庭料理」を紹介。カンボジアの友人宅でご馳走してくれました。めちゃうまいですよ。

スポンサーリンク

カンボジアに旅行した際、カンボジアの友人宅に呼ばれ、カンボジア料理(クメール料理)を振舞って頂きました。

カンボジアの方は男性も料理が上手な人が多いみたいですね。特に僕の友人はかなり料理がうまい。将来ゲストハウスを立ち上げて、料理を振舞いたいみたいです。

いずれにしても、カンボジアの方は手先が器用だと思います。バランス感覚も抜群だし。不器用な人はそれほど見かけたことはありません。
きっと、日本みたいに豊かではないので、こどもの頃から自分たちで遊びなども創意工夫したりするなど、育った環境が大きく影響しているのでしょうね。

さて、今回、ご馳走になりましたカンボジアの家庭料理を簡単に紹介します。

食卓に並べられたカンボジア料理。色とりどり、果物もあって、なんかヘルシーな感じです。一番右端にある赤いニンジンみたいなのは、果物です。名前を忘れましたが、甘くて、梨に近い味でさっぱりしていて旨いです。カンボジア家庭料理

ご飯も頂きました。カンボジアのお米です。タイ米みたいにパサパサしていないのでこちらも旨い。日本のお米に近いですね。
カンボジアのお米スポンサード リンク

スポンサーリンク

僕の大好物「ナスのひき肉炒め(チャートゥロアップ)」。初めて知った事実ですが、納豆がたくさん盛られているのがわかりますか?てか納豆しか見えないですが笑。「ナスのひき肉炒め」はお店だと、納豆はないのですが、家庭料理では納豆を盛るのが一般的みたいですね。てか、カンボジア人も納豆食べるんだとちょっと驚きです。
ナスのひき肉炒め

そして、こちらが「豚の生姜炒め(チャーカニャイサイチュルーク)」。これも大好きなカンボジア料理の一つ。味が少し濃いですが、旨い。癖になる味です。
豚肉の生姜炒め
お代わりをたくさんしました。ほんとありがたいです。外で食べるカンボジア料理より旨かったかも。
基本的にカンボジア料理は優しい味なので、日本人の口に合うと思います。

ぜひカンボジア料理を食べてみてほしいと思いますが、そんな簡単にカンボジアに行ける方も多くないはず。

でも、日本でも探せば、カンボジア料理を食べれるお店が少ないですがあります。

こちらの記事に1店舗だけですが、おススメのカンボジア料理屋を紹介していますので、チェックしてみてくださいね。
神楽坂にあるカンボジア料理店「バイヨン」の「ナスのひき肉炒め」がうますぎて完全にリピーター化してます。
スポンサード リンク

スポンサーリンク