簡単な「クメール語」を覚えてカンボジア旅行を楽しもう

スポンサーリンク

カンボジアはアンコールワットを始めとする遺跡が多く残っており、観光地として魅力的な国です。経済発展も著しく、今熱い国ですので旅行先としてかなりおススメです。

もし、これからカンボジアに旅行しようと考えている方、是非、カンボジアの言語である、クメール語を少しでも覚えてから行ってみてください。1個でも2個でも覚えておくと、旅行がより楽しくなること間違いなしです。

カンボジアにいる多くの外国人は、皆英語で話します。そこを英語ではなく、クメール語で話すことでかなり好意的に接してくれるようになります。どの国の人だって、母国の言葉を外国人が話してくれたら嬉しいですよね。

そこで、今回は旅行先ですぐ使えるクメール語を簡単に紹介したいと思います。

クメール語について

クメール語?なんじゃそりゃと思う方も多いかと思います。私もカンボジアに在住することがなければ、決して知ることのなかった言語です。
ちなみに文字はこんな感じです(わけわからんって感じですよね)

ឤទិត្យនេះខ្ញុំទៅ

文字は意味不明だと思いますが、クメール語の文法はそれほど難しいものではありません。基本的な構文は下記の通り

主語+動詞+◯◯

動詞の後は単語を繋げるだけで通じます。構文は簡単なのですが、その分、発音がかなり難しいです・・・

では、簡単な表現についてご紹介します。

挨拶編

初めまして:チョムリアップスーオ(手を合わせながら挨拶するのが基本です)
こんにちは:スオスダイ(朝、昼、夜、どの時間帯でも使えます)
ありがとう:オークン
どうもありがとう:オークンチュラン(チュランはたくさんの意味)
元気ですか?:ソックサバーイテー?(もっとも使われる挨拶)
元気です:ソックサバーイ

スポンサーリンク

食事編

おいしい:チュガニュ
すごくおいしい:チュガニュメンテン(メンテンは最上級を表す表現)
お会計お願いします:ソームクッロイ

買い物

いくらですか?:ムオイマン?

使えるフレーズ

私はカンボジアが好きです:クニョム チョールチャット スロッククマエ
アンコールワットに行きたいです:チョン タウ アンコールワット
私は日本人です:クニョム チョンチアット チャポン

これならすぐ覚えることができるので、是非現地で使ってみてください。喜んでくれるはずです。

もっとカンボジアの言語を知って行きたい方は、旅の指さし会話帳が最高に使えますので、ご参考に!!

スポンサーリンク