カンボジアには電車がない。日本の鉄道の凄さに驚くと同時に、カンボジアにも鉄道ができれば・・・

スポンサーリンク

カンボジアに鉄道があれば、より快適な旅行を楽しむことができる

カンボジアには、電車がない!

日本に帰国してから、日本の鉄道の凄さにただただ驚かされます。

特に新幹線は、本当に凄いですよね。リニアモーターカーが話題の中で、何を今さら言っているのだといわれそうですが、カンボジアに行っていた人間からすると、電車が走っているだけでも日本は凄いと感じてしまいます。

先日も、仕事の関係で大阪に出張していたのですが、新幹線に乗って約2時間半で東京→大阪に行けてしまいます。

東京から大阪までの距離は約500キロほど。

それが、2時間半で行けてしまうこの凄さ。

これがカンボジアだと長距離移動はバスで、電車なんてものはありません。ましてや新幹線もないので、長距離移動はかなりの時間を必要とします(車もあるのですが、基本的にはバスを使うことが多いです。移動手段については、こちらの記事をご参考ください。

カンボジアに旅行する際、知っておきたい5つの移動手段

2015.03.14
スポンサーリンク

しかも、カンボジアのバスはよく故障します。

故障しないで目的地に着く方が珍しいくらいです。
そう、電車が走っていたらと思うわけです(電車だから故障しないとは言い切れませんが・・・)。

カンボジアで一番電車が必要だと思うのが、首都のプノンペンからアンコールワットのあるシェムリアップですね。

この区間だけでもいいので、電車があったら、なんと快適なことでしょうか。旅行者は皆そう思うはずです。やはり旅行の際にネックになるのが、移動手段ですよね。

プノンペンからシェムリアップまでは、約300キロほど。

バスに揺られて、7時間〜8時間くらいです。途中で休憩を3回ほど入れます。

正直、長距離のバス移動はかなり辛いものです。乗り心地が良いわけではありません。しかも、故障したらかなりの時間ロスすることになります。

1日でも早く、カンボジアに電車が走る日がくることを願います。

スポンサーリンク