年末休暇で2年ぶりのカンボジアへ。航空会社はトランジットで「スワンナプーム国際空港」が利用できる「タイ国際航空」

スポンサーリンク

日本社会で生活していると、何かと慌ただしく、海外旅行など時間を捻出するのが難しいものですよね。特に会社員にとって、まとまった休みとなると、年末年始、お盆、ゴールデンウィークくらいのものです。

しかも、世の中の大半の人が休みなわけで、必然的に繁忙期となります。つまり、旅行するにあたり、航空券が高い、混雑するなどの弊害は避けて通れません。会社員である以上、この呪縛から逃れることができないのも事実。

しかし、混雑する、航空券が高いなど言ってられない。

お金に換えられない価値がカンボジアにはあります。

ということで、2年ぶりのカンボジアに向けて航空券を購入しました!!

航空会社をどこにするか迷いましたが、最終的に選択したのがタイ国際航空。

カンボジアに住んでいた時、日本と行き来するのに利用していましたし、これまで、タイに3度旅行したことがあるのですがその際も、タイ国際航空を利用。何かとタイにも縁があります。エコノミークラスでもサービスの質がよく、タイの客室乗務員の方にタイ語で挨拶されると、テンションがMaxになります。

スポンサーリンク

プノンペンへの直行便がないので、タイのスワンナプーム国際空港でトランジット

首都のプノンペンに行くのですが、残念なことに、日本からの直行便がまだない模様。ですので、乗り換えが必須となります。
(アンコールワットがある、シェムリアップには直行便があるのですが、本数が限られているし、今回はシェムには行く予定がないので除外)

当然、航空会社によってトランジット先が違います。このトランジットも旅行を楽しむうえで、かなり重要な要素です。

個人的には、過去利用していることから、タイのスワンナプーム国際空港がベスト。アジアのハブ空港の1つでもあり、この空港、とてつもなく広く、様々なストアが入っています。トランジットで待っている間、退屈しないですし、かなり居心地が良いので、おススメです。

航空券の価格だけで言えば、韓国のアシアナ航空などが格安ですが、トランジットが韓国で、タイではなくなります。韓国の空港を利用したことがないのでなんとも言えないですが、カンボジアに着くまでの旅路も十分楽しみたいので、やはりタイですね。

忙しさを理由に、しばらくカンボジアに行けてなかったので、どれくらい変わっているのか非常に楽しみです。 現地の滞在期間はちょうど1週間。久々のカンボジアの地に降り立つことが待ち遠しいです。

当ブログでは主にカンボジアの魅力を伝えいければと思いますが、カンボジアに興味ある方、もし一度も行ったことがなければ、是非、肌で感じてみてください。楽しい旅行になるはずです。

スポンサーリンク