東南アジアでよく見掛けるトゥクトゥク(TukTuk)。カンボジアでは数年以内になくなってしまうかも。その大きな要因は渋滞!?

スポンサーリンク

トゥクトゥクという乗り物をご存知ですか?

東南アジアに行くとよく見掛けるのでご存知の方も多いはず。バイクに荷台をつけた乗り物です。

そして、僕が大好きな国、カンボジアにもちゃんとありますよ。トゥクトゥク。
カンボジアのトゥクトゥクはこんな感じ。吹き抜けなので風が気持ち良く、乗り心地抜群。
トゥクトゥク

観光客が利用することが多いトゥクトゥクですが、地元の人も乗ります。トゥクトゥク2

座席に座るとこんな感じ。おっちゃんの頭を見ながら、外の景色も見える感じです。座席

スポンサーリンク

トゥクトゥクは値段も安く最高の乗り物

これほど便利な乗り物はないかと思うくらい、トゥクトゥクが大好きです。料金も安く、近場であれば、$3〜くらいですかね。まあ、乗る前に値段の交渉はしておいた方がベターですが(後々料金で揉めるのも面倒ですからね)。

大きな荷物があるときなどは、特にトゥクトゥクがおススメです。座席は、最大4人座れるくらいの広さがあるので、大きな荷物を抱えている場合でも大丈夫です。

乗り降りが楽だし、風が気持ちいいし、安いし、小回りが利くので、目的地に最短で到着してくれるのが最大のメリット。

そんな便利なトゥクトゥクが数年以内になくなってしまう!?

現地で働いている友人から聞いた話ですので、確実な情報ではないので、その点はご了承ください。といっても、カンボジア在住歴4年の人なので、結構有力な情報かと思います。

なぜ、トゥクトゥクが数年以内になくなってしまう可能性があるのか?

以前までは、バイクに乗る人がかなり多かったのですが、経済発展に伴い、カンボジアでも車がだんだんと普及してきました。そのため、首都のプノンペンでは以前にも増して渋滞が発生しています。

その要因の一つにトゥクトゥクが挙げられているというのです。
(個人的には、道幅が狭いのと、車の量が増えたのと、交通ルールを守らないことで渋滞が発生していると思うのですが・・・)

とにかく、トゥクトゥクがお客さんを乗り降りさせたりすることで、渋滞が発生してしまっているとのこと。まあ、わからなくなもないですが・・・

トゥクトゥクの運転手もカンボジアでちゃんとした仕事です。しかし、トゥクトゥクがなくなるとなれば、運転手は職を失うことになります。なので、近年、自動車の免許を取得する人が増えているのだとか。

カンボジアでも転職する人が増えてるんですね。

まだ未確定な部分が多いですが、いずれトゥクトゥクがなくなる日も来るかもしれません。なくなってしまうのは、すごく残念ですが、乗れる内に乗っておいた方がいいですね。

スポンサーリンク