普通の会社員である僕が【JCB THE CLASSザ・クラス(ブラックカード)】を入手できた方法はこちら!

【電子マネー】と【QRコード決済】違いを解説!どっちがおすすめ?

どうも、支払いのほとんどをキャッシュレス化している、くるくる天然パーマです。

 

キャッシュレスブームが到来していますね!

日本政府も本腰を入れてキャッシュレス化を推進しています。

 

その背景には、東京オリンピック大阪万博に向けて、訪日外国人のために、決済場面で困らないようにしようと環境整備を急ピッチで進める必要を感じているのでしょう。

 

そもそも日本はキャッシュレス後進国です。

 

中国や韓国をはじめ、諸外国と比較しても大幅に遅れをとっています。

 

日本は安全な国なので、現金支払いが主流でも問題ないこと、ATMが至るところにあって、いつでもどこでも現金を安心・安全に引き出すことが可能です。

 

現金を持ち歩いても、強盗やスリに合う被害は諸外国と比較してもかなり低いですからね。

 

これがキャッシュレス化が進んでいない要因でもあります。

 

 

周りを見渡しもキャッシュレスが十分に浸透しているかといえば、微妙ですよね。

去年よりもキャッシュレス決済している人を見かけるようにはなりましたが、まだまだ現金派の人が多い印象です。

 

日本の安全神話が影響してキャッシュレスが進んでいなかったのはいいとして、日本政府が本気でキャッシュレスを推進しようしているのに、あまり浸透しないのはなぜなのでしょうか??

 

その理由の1つに、

キャッシュレスって何を使ったらいのか?

そもそも何があるのか?

いまいちわからないということが原因に挙げられると思っています。

 

世の中には●●ペイとか、いろいろキャッシュレス決済が乱立しすぎて、正直わかりづらいですよね??

 

個人的にはキャッシュレスを推進派なので、少しでもキャッシュレス決済する人が増えればと思っています。

 

ということで今回は、最近よく聞く、電子マネーとQRコート決済に絞って解説していきます。

主に次のことに触れていきます。

●電子マネーとQRコード決済って何?どう違うの?
●電子マネーとQRコード決済の代表的なものって何?

●どっちがおすすめ?

 

あまりごちゃごちゃ書きすぎてもよくわからなくなるだけど思うので、最低限知っておいた方がいいことだけをまとめてみました。

 

あまりキャッシュレス決済したことがない方に向けて、わかりやすく解説していきます。

 

この記事を読んでわかること

●電子マネーとQRコード決済の違いがわかる
●自分に適したキャッシュレス決済がわかる

これからキャッシュレスを始めてみようと思っている方の参考になればと思います。

 

それではいきましょう!

 

【電子マネー】と【QRコード決済】違いを解説!

電子マネーとかQRコード決済とかよく聞くけど、よくわからない!!違いはあるの?という方のために!

まず、結論からお伝えしていきますね!

 

電子マネーとQRコード決済の違いを簡単に伝えると次の通りです。
※細かいことは他にもありますが、ここでは次のことだけ最低限知っておけばいいと思います。

 

電子マネーとQRコードの違い

・電子マネー:お店の決済端末にスマホやカードをかざして決済

・QRコード決済:スマホでQRコードを使って決済

両者ともキャッシュレス決済であり、決済時は現金不要です。

 

もう少し詳しく解説していきます。

 

電子マネーとは?

電子マネーとは何か?

代表例を挙げるとわかりやすくなります。

 

電子マネーの代表例

・電子マネーは大きく、交通系ICカード支払い系電子マネーに分かれます。
・さらに、支払い系電子マネーには、流通系ポストペイ型(後払い)に分かれます。

①交通系ICカード
・Kitaca(JR北海道)
・Suica(JR東日本)
・PASMO(パスモ)
・toica(JR東海)
・ICOCA(JR西日本)
・SUGOCA(JR九州)

②支払い系電子マネー
【流通系】
・楽天Edy(楽天グループの楽天Edy株式会社が運営)
・nanaco(株式会社セブン&アイ・ホールディングス)
・WAON(イオンリテール)

【ポストペイ型(後払い)】
・iD(NTTドコモ)
・QUICPay(JCB)
etc.

上記に挙げたようなものが電子マネーと覚えておきましょう!

 

で、実際に電子マネーはどんなメリットがあるのか?気になりますよね?

 

ということで、まずは現金支払いと比較した場合、どのようなメリットとデメリットがあるのかをまとめてみました。

 

電子マネーのメリット

電子マネーの最大のメリットは、なんといっても支払いの早さです。

 

交通系のICカードやスマホを決済端末(お店側)にかざすだけで支払いが完了するので、現金支払いと比較して圧倒的に早いですね。

 

ちなみにぼくは、SuicaをApple Payに登録して、コンビニの支払いなどをモバイルSuicaで支払っています。

・モバイルSuicaとは

 

ロック解除も何も必要ありません。ただiPhoneを決済端末(お店側)にかざすだけです。

 

コンビニで買う頻度が高いですし、特に朝の時間があまりないときほど、この決済の早さと楽さはまじでありがたいです。

・SuicaをApple Payに登録する

 

あと何気にSuicaで支払うとその場で数円割引がされます。

 

このように期間限定ですが、キャッシュレスポイントの還元対象になるので若干お得です。

 

また、ポイントの二重取りができる場合があります!

 

どいうことかというと、電子マネーポイントとその電子マネーにチャージするために紐づけたクレジットカードのポイントの両方を受け取れるということです。

 

また、電子マネーであれば、クレジットカードが使えない人でも利用することができます!

 

 

以上、電子マネーのメリットをまとめると次の通りです。

 

電子マネーのメリットまとめ
●支払いが早くて楽ちん
●キャッシュレスポイント還元でお得
●電子マネーポイントと紐づけたクレジットカードのポイントを二重取り
●クレジットカードが使えない人でも利用可能

 

電子マネーのデメリット

電子マネーを利用するうえでのデメリットは、事前にチャージが必要なことです。

 

また、電子マネーもすべてのお店で使えるわけではなく、使用する電子マネーの加盟店でしか使えません。

 

ただ、クレジットカードと紐づけできる、iDやQUICPayでは事前チャージが必要ありません。

 

電子マネーのメリットまとめ
●事前チャージが必要 ※ただし、iDやQUICPayのポストペイ式は事前チャージ不要
●すべての店舗で使えるわけではない

 

QRコード決済とは?

続いて、QRコード決済です。

まずは、QRコード決済の代表例から挙げておきます。

 

QRコード決済の代表例

・PayPay(ソフトバンクとヤフーの共同出資したPayPay株式会社が運営)
・LINE Pay(メッセンジャーアプリのLINE)
・楽天ペイ(楽天ペイメントが運営・楽天会員が利用可能)
・d払い(NTTドコモ)
・au Pay(KDDI)
・メルペイ(フリマアプリのメルカリの100%子会社である株式会社メルペイが運営)
・AmazonPay(Amazon・アマゾンが提供)
etc.

 

QRコード決済のメリット

QRコード決済のメリットは、なんといってもキャッシュレス還元キャンペーンがあることです。

 

あとスマホ1つあれば、アプリのダウンロードするだけですぐ利用することが可能です。当然、キャッシュレスなので、電子マネーと同様、現金が必要ありません!

 

QRコード決済のデメリット

QRコード決済のデメリットとしては、まだ普及段階なので使えるお店が限定的ということです。

 

決済システムを導入するお店側の負担などもあるので、もう少し時間はかかると思われます。

 

ただ、PayPayが使えるお店はかなり増えてきた気がしています。

 

今後も増えていくと思われるので、長期的にみればこのデメリットも解消していくと思われます。

 

結局どっちがおすすめなの?

電子マネーとQRコード決済の違いがわかったけど、結局どっちがおすすめなの??

 

それに対する回答としては、次の視点で考えるのがいいと思います。

●実際に使ってみて使いやすい方を選ぶ
●自分の生活スタイルに合わせた方を選ぶ
●どちらかではなく両方使うのもあり

 

実際に使ってみて使いやすい方を選ぶ

まずは、実際にいろいろ試してみることが大事だと思います。

正直なところ、使ってみないとどういうものか理解するのが難しいです。

 

いざ使ってみると、電子マネーの方が楽だなとか、QRコード決済でこんなにポイントもらえるの??とかいろいろと気づきを得ることができます。

 

で、最終的に自分が使いやすいと感じた方を選択してみることです。

 

いずれにしても、登録にお金がかかるわけでないのでたくさん試してみましょう!

 

自分の生活スタイルに合わせた方を選ぶ

もう一つは、自分の生活スタイルに合わせたものを選ぶです。

 

例えば、コンビニのセブンイレブンでしか買い物をあまりしないというのであれば、電子マネーのnanacoをフル活用したほうがいいでしょう。

 

また、メルカリをよく利用するのであれば、QRコード決済のメルペイを利用したほうがお得になるといった感じです。

 

どちらかではなく両方使うのもあり

最後の選択肢としては、どちらか一方ではなく両方使うのもありだと思っています。

 

その理由としては、両方をうまく使いわけることで、キャッシュレス決済できる比率を高めることができるからです。

 

お店によって、使えるキャッシュレス決済が異なります。でも、電子マネーとQRコード決済のどちらでも対応できるようにしておけば、使える方で決済すればいいわけです。

 

実際、ぼくは、電子マネーとQRコード決済の両方を使って生活しています!

 

ぼくが使っているキャッシュレス決済
●QUICPay(Apple Payに紐づけ)
●モバイルSuica
●PayPay

実際、これだけで生活のほぼすべての支払いを済ますことができています。

 

対応できないとすれば、支払いが現金のみというお店と病院だけですね。

それ以外は上記だけでほとんど対応できます。

 

ちなみに、余談ですがぼくは

電子マネー9割、QRコード決済1割といった比率です。

 

理由としては、マネーフォワードMEという家計簿アプリを使っているのですが、PayPayといったQRコード決済との自動連携ができず、家計簿の管理がしづらいという点がネックで、電子マネーの方を優先的に使っているだけです。

 

なので、PayPayしかキャッシュレス決済できないお店で使っている感じです。

 

当然人によって、この比率は変わると思います。

 

キャッシュレスのセキュリティーは大丈夫?

最後に、キャッシュレスのセキュリティーについて簡単に触れておきます。

 

キャッシュレスのセキュリティーですが、100%安全というわけではありません!

ただ、かなり高いセキュリティで保護されているのも事実です。

 

ちなみに、Apple PayやGoogle Payでは、登録した番号でやりとりするのではなく、別の番号に振り替えれられて取引されているので、番号が漏れるというリスクはありません。

 

また、Apple PayやGoogle Payは利用時に、生体認証を求められるので、スマホを紛失しても利用されるリスクはないです。

 

クレジットカードをお店の人に渡す必要もないため、キャッシュレスでも、可能な限り、Apple PayやGoogle Payを利用することをおすすめします。

 

QRコードも、同じくセキュリティー面でかなり取り組みを行っているようです。

QRコードが他の人に盗まれても、不正利用される心配はほとんどありません。

一定時間が経過すると無効されるなど、対策がいろいろとされているそうです。

 

利用するかしないかはご自身の判断になります。

自分でリスクを把握し、内容を理解してから活用することをおすすめします!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

そもそもキャッシュレスはややこしいことが多いので、理解が難しい箇所があったかもしれません。

 

でも、一番大切なことはまず自分で実際に使ってみることです。

すべてのことに共通していえることですが、実際に試さないと理解しづらいものです。

 

 

ぼくはキャッシュレス決済に切り替えてから、かなり生活面で便利になりました!

 

興味がある方は、キャッシュレス生活に切り替えてみてはいかがでしょうか?

もう現金生活には戻れないと思いますので!!

 

それではまた!!