【JCB最高峰】JCB THE CLASSのメリット紹介

おかねのコンパスはPayPay連携可能?マネーフォワードとの違いは?

おかねのコンパスってPayPayと連携できるの?

今回は、この疑問にお答えしていきます。

この記事でわかること

  • 「おかねのコンパス for TT」はPayPay連携できるのか?
  • PayPay管理における「おかねのコンパス for TT」と「マネーフォワード ME」との違い

それではいきましょう!!

無料でも十分使える神アプリ【おかねのコンパス】使い方・登録方法

 

そもそもPayPayと連携できる家計簿アプリはない?

さっそく結論ですが、「おかねのコンパス for TT」とPayPayは連携しておりません。

ちなみに、おかねのコンパス for TT」に限らず、PayPayと連携できる家計簿アプリは今のところない状況です。

以前、家計簿アプリで大人気の「マネーフォワード ME」に、PayPayと連携できないのか?問い合わせたことがあるのですが、こちらも難しそうでした。

マネーフォワードMEとPayPay(ペイペイ)が自動連携される?問い合わせてみた結果は?

 

PayPay管理「おかねのコンパス」と「マネーフォワード」との違いは?

おかねのコンパスでPayPayに自動連携されないのはわかったけど、管理する方法はあるのかな?
くるパ
残念だけど、「おかねのコンパス for TT」ではPayPayの管理そのものが、基本的にできないんだ。

「おかねのコンパス」の連携一覧に、PayPayカード(旧Yahoo!JAPANーカード)と出てきます。

しかし、赤枠の注意事項の通り、新規で発行したPayPayカードには対応していないようです。

もともと「旧Yahoo!JAPANーカード」を持っている方のみ連携可能ということになります。

 

「おかねのコンパス」でPayPay管理は不可?「財布」機能がない

多くの家計簿アプリでは「財布」機能などを使って、手入力で管理する口座を自由に作成できます。その口座にPayPayを暫定対応として連携させることができます(クレジットカード紐付け、銀行連携、手入力対応など)。

・「財布」機能について(マネーフォワード ME公式HPより)

しかし、「おかねのコンパス for TT」では「財布」機能がないため、手入力で管理することすらできない状態です。

つまり現状、「おかねのコンパス for TT」では、自動連携がないだけでなく、PayPay管理自体できないということになります(旧Yahoo!JAPANカードを持っている人を除く)。

 

「マネーフォワード」のPayPay管理は「電子レシートの読み取り」機能が便利

家計簿アプリでPayPayもしっかりと管理していきたい方は、「マネーフォワード ME」を活用することをおすすめします。

「マネーフォワード ME」も、PayPayとの自動連携こそないものの、「財布」機能「電子レシートの読み取り」機能を使ってうまく管理することが可能です。

「マネーフォワード ME」の「電子レシートの読み取り機能」については、下記の記事で解説しております。

【ラクちん】マネーフォワードのPayPay連携!電子レシートで簡単反映

 

PayPay連携のためにクレカを作るのはやめよう

最後に余談ですが、「マネーフォワード ME」のPayPayの暫定的な連携手段として、PayPayカード(旧Yahoo!JAPANカード)を作成して連携対応する方法がありますが、個人的にはあまりおすすめしません。
(おかねのコンパスでは、新規のPayPayカードを作成しても連携できないので作っても意味ないのですが)

単純に、PayPay連携のためだけに新たにクレジットカードを作るのは無駄です。

貯金を増やす(支出を減らす)目的で家計簿をつけるわけなので、クレジットカードを新たに作って管理を煩雑する必要はないからです。

確かにPayPayを上手く家計簿アプリに連携させたいですが、上記の「財布」機能と「電子レシートの読み取り」機能の対応で、十分に管理が可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事のまとめです。

まとめ

  • 「おかねのコンパス for TT」はPayPayと連携していない
  • PayPay管理をしっかりしたいなら「マネーフォワード ME」がおすすめ
  • PayPay連携のためだけにクレジットカードを作るのは得策ではない

それではまた!!

ABOUT US

クレジットカードアドバイザー®︎
過去、クレジットカードのキャッシングなどを繰り返し、借金200万円ほど抱えるも、お金の管理を徹底し完済した経験を持つ!現在は「JCBザ・クラス」や「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」、「ラグジュアリーカードゴールド」といったステータスの高いクレカを手にできるまで信用が復活!実際のクレカ保有経験をもとに情報発信。また、家計簿アプリのマネーフォワード MEを活用したお金の管理も得意とする。