普通の会社員である僕が【JCB THE CLASSザ・クラス(ブラックカード)】を入手できた方法はこちら!

【紛失リスク減少】Apple Pay(アップルペイ)にクレカ登録

Apple Pay(アップルペイ)が生活に欠かせなくなってきた今日この頃です。

キャッシュレス時代は本当に素晴らしいですね。

ちょっと出かけるくらいであれば、財布を持ち歩かなくても大丈夫になってきました。

そこで、今回はApple Payを利用してみて便利だと感じた点について簡単にまとめてみました。

iPhoneユーザーだけど、まだApple Payを使ったことがない方の参考になればと思います。

Apple Pay(アップルペイ)を使うのことのメリット!

まず、iPhoneユーザーの方は、Apple Payを使うことができます。
・Apple Pay対応機種

【Apple Pay(アップルペイ)とは?】

Appleの決済サービスのこと。

iPhoneやApple Watchにて全国の交通機関や店舗での支払いが可能。
利用時に顔認証や指紋認証が必要となるためセキュリティが高く安心して使える。

・クレジットカードの登録が必要(※iPhone 8以降は12枚までクレカの登録が可能)

 

メリット①:iPhone 1つで支払い・決済が可能!

なんといっても、iPhone1つで支払い・決済が完了するのが便利ですね。

お持ちのクレジットカードをApple Payに登録する必要はありますが、iPhoneをお店の読み取りリーダーにかざすだけで一瞬で決済が完了します。

財布からお金を出す必要も、おつりの小銭で財布がパンパンになることもありません!

一度キャッシュレス決済を経験すると、現金支払いには戻れないですね。(笑)

とはいっても、まだまだ現金でしか支払いできないお店があるので、完全にキャッシュレス化できてはいないですが、、、

ただ、キャッシュレス対応のお店に関してはすべてiPhoneで支払いを済ませています。

【スマホ決済】アップルペイでクイックペイ・スイカ連携が超絶便利!

メリット②:家計簿アプリ「マネーフォワード ME」と相性抜群!

メリット①だけでも十分なのですが、Apple Payは家計簿アプリの「マネーフォワード ME」との相性が抜群です。

Apple PayはクレジットカードをiPhoneに登録し、クレカ本体に代わってiPhoneで支払いを完了させることができるものです。
※Apple Watchも対応

ですので、Apple Payで決済した金額は、クレジットカードの引き落とし日にクレジットカードの利用額として支払われることになります!

で、クレジットカードをマネーフォワード MEに連携することができるので、アプリ内で支払い額などを管理することが可能となります。

「電子マネー」と「QRコード決済」の違いなど、ややこしい部分があるので、不明な場合は、次の記事でもそのあたりを詳しく書いているのでご参考にしてみてください。

【マネーフォワード・使い方】QRコード決済より電子マネー向き!

家計簿アプリを使わない人にとっては、このメリットは感じられないのですが、キャッシュレスの時代だからこそ家計簿アプリの威力は発揮されると思っています。

現時点で、ぼくは自分のお金すべてをマネーフォワード MEで一括管理しています!

支払い・決済だけでなく、家計管理もスマホ1つでできる時代です。便利なものはどんどん使っていくことをおすすめしますよ!

また、本気で家計管理に取り組むのであれば、家計簿アプリはおすすめです!

【1年間ガチ利用】マネーフォワードプレミアム会員がおすすめな人とは?

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)
マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

メリット③:クレジットカードの持ち運び不要で紛失リスク減少!

Apple Payを利用したことでクレカの紛失リスクが減少しました!というか、基本的に紛失リスクがゼロです。

どういうことかというと、Apple Payにクレカを登録するため、結果的にiPhoneのアプリ内にクレカが登録されることになります。

つまり、クレカそのものを持ち運びする必要がないということです。

これが紛失するリスクがないという意味です。

 

財布をなくして同時にクレカも紛失するという経験はありませんか?

昔のぼくは、財布を失くすことが多く、財布にしまっているクレカも同時に紛失するという失態を何度も経験しています。(笑)

クレカの場合不正利用される危険性が高いので、紛失したらその都度クレジットカード会社に連絡して、カードの使用を止めてもらうなど手間が発生しますよね。

Apple Pay利用ではこのリスクがないので、その点がすごく便利に感じています。

じゃあ、iPhoneをなくした場合は大丈夫なのか?

と疑問が出てくるかと思いますが、結論、大丈夫です。

まずiPhoneそのものにロックが掛けられますし、仮にロックしていなくても、支払い場面でApple Payは「顔認証」か「指紋認証」が必須になります。

支払い画面も、下記のようにカード番号がわからない状態ですので不正利用される心配はありません!!

ここまでクレカを常に携帯する必要がないとお伝えしましたが、少し注意点があるのでその部分にも触れておきます。

【注意点】
・すべてのお店がApple Pay(QUIC PayやiD)に対応しているわけではない!
・QUIC Payでは支払いが2万円までと上限が設定あり、2万円以上の高額な商品などを支払う場合は、クレカ本体が必要!

まだまだ条件つきではありますが、普段の生活においては、クレカを持ち運びをしなくてもよくなったので、紛失するリスクが減ったのでありがたいです。

Apple Payにクレジットカードを登録する方法

最後にApple Payにクレカを登録する方法についてです。

Step1:アプリ「Wallet」をダウンロードする

Apple Wallet
Apple Wallet
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

Step2:アプリを起動し、右上の「+」ボタンを押す

Step3:続けるを選択

Step4:カードの種類からクレジットカードを選択する

Step4:クレカ読み取り用のカメラが起動するので、クレカを用意して読み込む
※読み取りがうまくいかない場合は手入力も可。

最後、本人確認が必要かもしれませんが、これで登録が完了できます。

 

結論として、iPhoneユーザーの方は、Apple Payがすごく便利です!!

今回お伝えしたように、安全性も高いので安心して使うことができます。

まだ試されていない方は是非!!

それではまた!!