【月額契約】コワーキングスペース!会社員が利用する価値はある?

スポンサーリンク

コワーキングスペースを利用して1ヶ月経過しました。

 

月額契約で週に5~6回ほど利用したので、1ヶ月ほぼフルで利用したことになります。

 

そこで、今回は、会社員であるぼくがコワーキングスペースを利用してみて感じたことをまとめてみました。

 

特に、会社員だけどコワーキングスペースを利用する価値はあるのか?

こういった疑問を持っている方の参考になればと思います。

 

一応、参考までにぼくの情報を共有しておきます。

【ぼくの状況】
・会社員(毎日夜19:30までに会社を退社できている状況)
・会社から自宅の帰り道の途中にあるコワーキングスペースを利用

【コワーキングスペース利用プラン】
・17時以降利用できる月額の会員プラン(日・祝日は休み)
・月額1万円

【コワーキングスペース利用目的】
・ブログ記事更新・資格の勉強

 

コワーキングスペースを利用するメリット・デメリットまとめ

あくまで会社員のぼくが感じたコワーキングスペースを利用することのメリット・デメリットになります。

その点、ご了承ください!

 

では、まずメリットをざっと挙げてみますね。

 

コワーキングスペースを利用するメリットとは?

コワーキングスペースを利用するメリットは、かなりあると感じています。

大きなところでは、次の10個ですね!

 

コワーキングスペース利用のメリット
・すべての座席にコンセント完備
・高速Wi-Fi環境
・集中できる環境
・料金(月額)がリーズナブル(多用する人限定)
・情報漏洩のリスクが軽減
・ネットワークが広がる
・刺激がもらえる
・商談の場所としても使える
・カフェ代の節約
・時間の節約

それでは順にみていきましょう。

 

すべての座席にコンセント完備

まず、すべての座席にコンセントが完備してあるので、充電切れの心配をしなくて済みます。

パソコン作業する場合は非常に安心ですね!

 

高速Wi-Fi環境

コワーキングスペースには高速Wi-Fi環境が整っています。

 

速度も申し分ないですね!(もちろん、コワーキングスペースによって差はあると思いますが、、)

インターネットにストレスなく接続できることも、作業効率に大きく影響してくるのでメリットとして非常に大きいポイントだと思います。

 

集中できる環境

カフェや自宅で作業することと比較すると、コワーキングスペースは集中できる環境にあると思います。

 

何より、そこに集まっている方全員が仕事など集中している状況なので、自分も頑張らないとという気持ちさせられます!

 

カフェだと、当然雑談などされている方が多いので集中しづらいですよね?

そもそもカフェはそういうところですし、仕事や勉強するところではありません、、

 

なので、こういった仕事や勉強に集中できる環境は非常に重要だと思います。

 

料金(月額)がリーズナブル(多用する人限定)

コワーキングスペースには、ドロップインという1日だけ利用するといったことができる場所もあります。

ただ、この場合の利用料金は割高といえます。

月に何回も利用する方にとっては、月額で契約した方が料金はリーズナブルになります!

 

ぼくの場合、月額1万です。

 

情報漏洩のリスクが軽減

外で仕事や勉強した方が作業が捗る方も多いのではないでしょうか。

ぼくもそう感じているうちの1人です。

 

カフェで仕事することもあったりするのですが、その場合周りの目が気になったりしますよね?

 

もちろん、会社の機密情報を外でやるのは絶対NGですが、それ以外の内容もあまり見られたくないですよね?

 

カフェなどでは不特定多数の人がおり、情報漏洩のリスクがあります!

 

その点、コワーキングスペースでは、ある程度リスクの軽減ができると思います。

 

なぜなら、お金を払わないと入れないですし、そこに集まっているメンバーのモラルの高さを感じているからです。

暗黙の了解で他の人の作業を見ないし、そもそもみんな自分の仕事に集中しています。

 

ネットワークが広がる

まだ1ヶ月しか利用していないので、そこまでネットワークが広がっているわけではないのですが、様々な仕事をされている方が集まっています。

ネットワークを広げることも十分に可能な環境といえます。

 

刺激がもらえる

様々な業界の人がコワーキングスペースに集まっています。

 

ぼくの利用してるコワーキングスペースでも、デザイナーの方や建築家、会社の社長など、会社員しているだけではなかなか知り合えない人たちが集まっています!

 

いろいろな働き方を知る大きな機会ですし、刺激がもらえるはずです!

非常に大きなメリットだと感じています!

 

商談の場所としても使える

コワーキングスペースは、場所にもよりますが商談場所としても利用することが可能です。

 

会議室があるところも多く、目的に応じて利用することができます。

 

ぼくは商談として利用したことはないですが、よく商談されている方を見かけます!

 

カフェ代の節約

カフェでよく勉強や仕事をされている方は、コワーキングスペースを利用したほうがいいと思っています。

カフェ代って意外と馬鹿にならないですよね?

 

スタバなどに行こうものなら、1回のカフェで500円は超えることも普通にあります。

それを、月に20回利用するだけで1万円になります。

 

ぼくがそうでした、、笑

何か目的(資格の勉強や仕事)があって、家で集中できずカフェでやることが多い人は、コワーキングスペースを利用した方が断然いいです!

 

コワーキングスペースではコーヒーやカフェラテ飲み放題ですからね!!

【コワーキングスペース・節約】スタバ・カフェ代がもったいない!

 

時間の節約

最後に、時間の節約が一番大きなメリットだと感じています。

 

どういうことかというと、次の2点ですね。

時間の節約
・カフェを探す手間が省ける
・作業効率の向上

コワーキングスペースを利用する以前は、仕事が終わった後、どこのカフェに行くか迷うことが多かったです。

カフェに行っても満席だったり、コンセントのある席が埋まっていたりでカフェ難民になることも少なくありませんでした!

 

コワーキングスペースを契約してからは、その心配もなくなりました!

迷わず直行するだけですからね!

 

これだけでもかなり時間の節約に繋がり、やりたいことに時間が割けるようになりました!

 

あと、コワーキングスペースが集中できる環境にあるので、作業効率の向上したことで生産性がUPしました。

 

コワーキングスペースを利用するデメリットとは?

続いてデメリットです。

利用していて、デメリットだと感じる点も当然あります。

 

コワーキングスペース利用のデメリット
・仕事や残業で行けない日がある
・他人のタイピング音が気になる(状況による)
・常に同じ空間にいるため飽きがくる(変化がない)

 

仕事や残業で行けない日がある

会社員だとこれが一番ネックといえます。

そもそも毎日残業で遅くまで会社に残っている方は、時間的にかなり厳しいので、利用できないと思います。

ほとんどのコワーキングスペースは夜22:00~23:00で閉まってしまいますから!

 

残業が多くなく利用できたとしても、会社で仕事をしている以上、突発的な仕事や状況によってすぐに帰れない日が発生してしまいます!

 

ぼくも、何回か仕事で残業せざるを得ないときは、コワーキングスペースに行くことができませんでした!

 

月額契約しているので、なるべく利用したいと思っているのですが、状況によっては厳しいときもありますね、、

 

タイピング音が意外と気になる

これはぼく自身も気を付けていることなのですが、コワーキングスペースはわりと静かな環境なので、タイピング音が意外と響きます!

 

なので、対策としてはノイキャンなどのイヤホンをして外の音をシャットダウンするなどがあります。

ただこれはあくまで、これは自分自身にとっての対策となります。

 

自分のタイピング音は、キーボードを変えるか、少し人と距離を置いて座るなど気をつけるしかありません、、

 

常に同じ空間にいるため飽きがくる(変化がない)

1ヶ月利用してみて、集中できる環境にかなり満足しているものの、毎日利用していると飽きがきます、、

これは利用してみてはじめて気づいたことです。

 

これまでは、いくつか自分の行きつけのカフェリストを持っていました。

 

ルーティン的に利用していたため、いい感じで気持ちの切り替えができて、快適だったのも事実です!

 

でも、契約したコワーキングスペースでは、常に同じ場所であるため、どうしても見ている空間に変化がなく飽きてしまうこともあります。(座る席は日々変えて、なるべく変化を感じられるようにしていますが、、)

 

これはデメリットとしては挙げられますね、、

 

【時間・お金の節約】会社員でも利用する価値はある!

メリット・デメリットについて触れてきましたが、結論としては、会社員でもコワーキングスペースを利用する価値は十分にあります!

 

会社員だからこそ、限られた時間を有効活用したいですよね!

これまでお伝えしように、コワーキングスペースは、時間とお金の節約に繋がります!

 

自分のやりたいことが明確にある場合は、このような環境を利用するのもおすすめですよ!

 

参考にしてみてください。

 

それではまた!!

【JCBザ・クラス】最速3年で取得!インビテーションの条件は?普通のサラリーマンでも可能!

スポンサーリンク