カンボジアの貧困!こどもたちは自分の家が貧しいことを理解している?

スポンサーリンク

どうも、クルパーです。

今日は、カンボジアの貧困について書きます。

カンボジアの経済が発展してきているとはいえ、地方を見れば、まだまだそんな感じではありません。
地方にはあまり仕事がないので、首都のプノンペンや経済特区にある工場、場合によっては韓国にまで出稼ぎにいく若い人たちが多くいます。

生活が厳しく、まだまだ貧しいのが現状です。

女の子に言われた一言にショック

ぼくがカンボジアの田舎に住んでいた時、近所の女の子(小学生くらい)に言われた言葉が今でも記憶に残っています。

その子から、

「明日、学校で体育があるんだけど、サンダルしか持っていないの。これじゃぁ、思いっきり走れないよ。だから靴がほしいの。でも、うちにはお金がないから買ってほしい。あなたは、お金をたくさん持ってるでしょ!」

この言葉を言われた直後、かなりショックを受けました。

確かにその子の家は、他の家庭より貧しかったです。

夕飯を食べるところを何度も見たことがあるのですが、野菜の入っていない、麺を茹でただけという日も何回もありました。

そのため、栄養が十分に足りていなくて、体が年齢の割に小さいんです。

病的な栄養失調ではないのですが、とにかく体が細く小さい。

まだ、小さな女の子だったのですが自分の家が他の家よりも貧しいことを完全に理解していました。

いつも笑顔で元気いっぱいな子ですが、その時の表情はとても暗く、とても落ち込んでいる感じだったのが今でも忘れられません。

幼いながらも貧困という事実と向き合っている姿に、少なからずショックが隠せませんでした。

買ってあげるべきかいろいろと悩んだのですが、結局、その子の親と相談して、ぼくがプレゼントというかたちで渡すことにしました。

そんな子が、まだまだたくさんいるんだろうなと思うと、やはり悲しい気持ちになってしまいます。

自分にどうこうできるレベルではないのですが、カンボジアのこどもたちには元気でいてもらいたいと願っています。

何故日本よりずっと経済的に貧しいはずのカンボジアで「こどもたち」が多いのか。

2016.01.30

2年ぶりにカンボジアの地を訪れて、改めて感じた「貧富の差」

2016.01.23
スポンサーリンク