普通の会社員である僕が【JCB THE CLASSザ・クラス(ブラックカード)】を入手できた方法はこちら!

今年こそ貯金を増やす!お金の使い方【マイルールを作る・持つ】

くるパー
どうも、くるくる天然パーマです。当ブログにアクセスいただきありがとうございます!

今回は貯金増やすためのルール設定に関してです。

 

新年を迎えたら今年の抱負をあれこれと考えますよね。

 

そんな中、気持ちを新たに貯金も頑張るぞ!!って方も多いのではないでしょうか。

 

人生100年時代と言われながら、年金をあてにすることが年々厳しくなってきています。そのため、貯金や節約志向はますます高まっているといえますね。

 

2019年3月28日発表のJCB調査において、下記の調査結果が発表されていたので一部内容を抜粋して紹介します。

・「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査 2019」

(一部抜粋)

・新年度の目標 「貯蓄」が 5 年連続トップ、「生活費の見直し・節約」が 5 年連続 2 位

※全国の20歳から 69歳の男女1,000名(全回答者)
※インターネット調査
※新年度は4月のこと

この調査における新年度の対象は4月ではありますが、年が変わるタイミングの方が「貯蓄」「節約」といった需要がさらに高いと想定されますね。

 

いずれにしても、やはりというべきか、どの年代においてもおカネの心配や悩みがありますね。

 

もちろん、僕も毎年貯金を増やしたいと思っている一人です!

ただ、そんな僕ですが20代前半でおカネの失敗を経験しています。

 

当時は、おカネの使い方に無知で、かなりの借金を抱えてしまっていました、、

 

キャッシングを多用し、その返済額をキャッシングで借りて返済するという地獄に嵌って苦しんだ経験があります。

(首が回らず、消費者金融で借りようと、実際にお店に入って借りる寸前までいきました。なんとかギリギリで思いとどまることができましたが、、)

 

このままでは自分はクズになると自覚してから、すべての行動・おカネの使い方・考え方を見直しました!

その結果、20代で貯金額1,000万円達成することに成功しました!

 

その苦しんだ経験が今もすごく活かされています!

 

ということで、今回は僕の経験を踏まえて、これからのおカネの使い方や考え方を簡単にまとめてみました!

 

何かの参考になれば幸いです!(当時の自分に向けてのメッセージでもあります)

【節約より効果的?】長期間発生する出費(支出)を見直して貯金UP

 

貯金を増やしたいなら自分なりのルールを作る・持つ!

 

「貯金を増やしたいなら自分なりのルールを持つこと」が大切だと思っています。

 

明確な貯金目標額を設定することも大切ですが、もう少し具体的にどういう行動をするのかを設定した方が実現性が高まると思います。

それをマイルールとして守ることです。

 

また、ただ節約するだけでなくおカネの使い方も同時に重要です!

 

目的をもっておカネを意識的に使うことで、貯金効果も高まります!

 

ということで、そのあたりも踏まえて、今回は僕のおカネの使い方・考え方5つのルールご紹介したいと思います。

 

おカネの使い方・考え方5つのルール!

以前から取り組んでいる内容も一部ありますが、今年も変わらず自分で設定したルールを守るために、まとめておきました。

今後、ますます時代の変化が加速していきそうなので、そのあたりも含めてルールを設定し直しも同時に図っています。

 

ルール①:キャッシング・リボ払いはご法度

基本的にクレジットカードでの支払いは一括払い」の一択です。選択の余地はありません!

キャッシング:一般的にクレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使って、ATMなどからお金を借りること。

リボ払い:毎月の支払額を一定の金額に固定して、金利とともに返済していくクレジットカードの支払い方法 ※詳しくは、JCB解説

キャッシングにしろリボ払いにしろ、ポイントは「金利(利息)」です。

どちらもおカネを借りているというものです。リボ払いも、本来返済すべき金額を待ってもらっているので、おカネを借りているのと同じです。

 

おカネを借りるということは、当然ただではなく有料となります。

金利とはおカネのレンタル料と言い換えることもできます。

 

ですので、おカネを借りたら金利分(レンタル料)おカネを余計に支払うことになります。

 

ちなみにキャッシングなどの金利は18%とかありえない設定がされています。10万だけ借りたとしても、返済は金利だけで1万8千円かかるということです。

 

このことを当時の僕は無知で全く理解していませんでした。痛い目にあってはじめて学ぶこともありますね(笑)

 

ですので、今の僕の絶対のルールとして、キャッシング・リボ払いはご法度としています。

 

ルール②:時間におカネを投資する

時間におカネを投資することもとても大切にしています。

さきほど、節約するだけでなく、おカネの使い方にも注意を払うことが大事だとお伝えしました。

日々のちょっとしたおカネまで意識するのは大変なので、大きな金額を使う際にこのことを意識してみる必要があります。

 

例えば、資格取得を目指していた場合、資格学校を利用して合格に向けたノウハウ(教材)をおカネで買うなどです。

 

これもおカネの使い方をすごく意識しています。

 

資格学校は、それなりにまとまった金額が必要です。決して安くありません。ただ、資格合格に向けたノウハウが蓄積されています。それにおカネを投じることで効率的に学習効果を高めることができます。

 

つまり、時間を短縮できることにおカネを投じることです!

 

おカネ以上に時間が有限で大切ですからね!

 

ルール③:キャッシュレスで生活する

日本政府が進めているキャッシュレス。

僕は今、スマホ1つで日々の支払いをおこなうことができています!

キャッシュレス化が進んだおかげで財布を持たないで出かけることがかなり多くなりました。

 

なぜキャッシュレス決済というと、次の3点が大きな理由です。

・決済が一瞬で終わる(時間の削減)
・家計簿アプリと相性が良く(データ連携)お金の管理がしやすい(無駄遣いの削減)
・キャッシュレス還元で現金払いよりお得(節約)

キャッシュレス決済を始めることに関して、なにも難しいことはないですね。

スマホや交通系カード(Suicaなど)あれば誰でもすぐ始められます!

 

今後の目標は、100%キャッシュレスで生活することです!

 

ルール④:家計簿アプリでお金の管理を徹底

さきほどのキャッシュレスと関連して、家計簿アプリを使っています。

僕が使っているのはマネーフォワード MEです。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)
マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

他にもたくさん家計簿アプリがあるので、自分に合ったものを使うでいいと思います。

家計簿アプリを使い始めてから、無駄遣いが減りました!

スマホで決済した内容も、キャッシュレス化することでデータ連携がしやすく、早くアプリに反映されるので、リアルタイムでおカネの流れも把握しやすくなりました。

家計簿アプリでお金の管理を徹底していくことをルール付けとしています。

【貯金を増やす】マネーフォワードの予算設定方法【固定費・変動費】

 

ルール⑤:サブスクリプションを無駄に加入しない

最近、すごくサービス数が多くなっているサブスクリプション(通称サブスク)。

会員制の定額サービスで、利用している期間だけおカネを支払う方式なので支出を抑えられます。

ただ一方で、過度な加入のしすぎはかえって支払い額増加に繋がってしまう危険があります!

 

これからますますこの勢いは増してくるので、そのサービスが本当に自分に必要なのか検討する必要があります。

て、ことでサブスクリプションは不必要に登録・加入しないことをルールとしています。

 

便利なゆえについつい登録しすぎてしまうので、注意が必要ですね。

【登録・加入しすぎは注意】コスパ最強のサブスクリプションの落とし穴!解約方法も紹介!

 

まとめ

実はここの挙げた以外にも、自分のルールとして、

・毎月の収入の範囲内で生活する
・なるべく自炊する
・株式投資する

などあります。

ルールはご自身で設定してみて試してみることをおすすめします!

 

例えば、たばこをやめるとかでもいいですし、500円玉貯金をするでもいいと思っています。

 

考えればいろいろと出てくると思います。

 

そしてルールを設定したら何が何でもそれを徹底してください!

 

僕も自分で設定したルールをiPhoneでGoogle Keepアプリに入力して、常に意識づけして守るようにしています!

 

貯金することは難しいと思うので、一緒に頑張っていきましょう!

 

それではまた!!