普通の会社員である僕が【JCB THE CLASSザ・クラス(ブラックカード)】を入手できた方法はこちら!

【節約より効果的?】長期間発生する出費(支出)を見直して貯金UP

少しでもお金を節約して、将来のために備えをしておきたいですよね。

 

でも、節約をしてもなかなかお金が貯まらないってこと経験ないですか?

ぼくも、節約を頑張った時期がありますが、結果的にほぼ貯まりませんでした。(笑)

 

節約してもあまり効果は見込めない?

ぼくは、エアコンの使用頻度を減らしたり、外食から自炊に切り替えたりして節約に励んでいましたが、あまり効果が得られなかったです、、、

むしろ、夏はエアコンなしだと暑いですし、冬は逆に寒くて快適に過ごせず風邪をひいたりといろいろ弊害が出てしまいました。

 

たしかに、食費は自炊にすることで出費がかなり抑えられるので効果的だと思ってはいます。

ただ、仕事が忙しかったりして、なかなか継続するのが難しいですね。

自炊を頑張ると決めたあとに、なにかと忙しくなって、結局外食に頼ってしまうことも多々あります。

 

なので、

 

節約効果が軽微でかつ、個人の頑張りに委ねてしまう節約に頼るのは厳しいと思っています!

 

ということで、自分の意志に関係なく、自然と出費を減らす方法はないか考えることにしました。

 

 

長期的に発生する出費(固定費)の削減!

いろいろと節約を頑張っても、思った以上の成果が得られなかったので、別の方法で出費を減らすことを検討しました。

その結果、至った結論が、

 

「固定的に長期間に渡って掛かる出費の見直しを図る」

 

でした。

 

あまり革新的ではないですが、、、

でも、これがかなり効果があると思っていますし、実際かなりの効果を得ることができました!

 

固定的に長期間に渡って掛かる出費って何?って思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

その代表的なのが、住宅ローンや家賃です。

住宅ローンは何十年(一般的には35年とか)、賃貸の場合は、家賃を生涯に渡って支払い続けることになります。

 

毎月の出費を多く減らすのに効果的なのは、支出金額が大きいものから見直しすることですね。

 

と思いつつも、

 

実際はそう簡単ではないですよね。

 

住宅ローンが高いからと、もう支払いをやめるというわけにもいかないですし、賃貸であっても、すぐ家賃の安いところに引っ越せるかというと、現実的になかなか厳しいです。

 

ぼくも、引っ越しなど手続きなど面倒だと思っていますし、家探しから引っ越しの手配をしなければなりませんので、なかなか重い腰があがりませんでした、、、

 

そこで、もう少し手軽にできるものから着手することにしました!

 

例えば、生命保険や医療保険といったものです。

 

これらは、場合によっては生涯に渡って支払い続けるものですよね。少なからず、定年が終わる60代くらいまでは、支払うことになります。※生命保険や医療保険が本当に必要かどうかは一旦おいておきます。

 

前提として、短期視点ではなく、長期視点で改善を図る方に切り替えすることが大事だと思います。

 

2019年見直しを図った5つのこと

あれこれ言っても、伝わりづらいと思うので、ぼくが2019年で実際に見直しを図った5つのことをご紹介したいと思います。

 

すぐに着手できるうえに、効果を実感するまでのそれほど時間を掛からないものを選定して実行してみました!

 

何か参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

事例①:保険の見直し(オリックス生命保険⇒ライフネット生命)

まず、生命保険の見直しを図りました!

社会人になってから、加入した保険をずっと利用していました。(※生命保険は全員が入る必要はないと思っています。

最近では、いろいろな会社から様々な保険プランが提示されているので、見直しを図ることで、同じような保障内容でも金額にあまり差がなかったり、場合によっては安くなる可能性もありますので、見直しを検討してみるのもありだと思っています。

 

ちなみにぼくは、オリックス生命保険からライフネット生命に切り替えてみました。

プランの見直しで、月額で4千円近くの削減をすることができましたよ!

年間にして約5万円。それを定年の60まで支払い続けると想定すると、ぼくはアラサーなので残り30年間の期間があります。

なので、

・5万円(1年間の削減額)×30年間=150万円

となります。

 

保険の見直しだけで150万円が支払い続ける額を減らすことができました!

もちろん、毎月の削減額は4千円と微々たるものですが、30年という長期スパンでみた場合に、その削減効果の威力が発揮されます。

 

これが、「固定的に長期間に渡って掛かる出費の見直しを図る」という意味です!

 

事例②:自宅Wi-Fiの見直し(ビッグローブ光⇒ソフトバンク光)

ぼくは、自宅でもWi-Fiを使えるようにしています。

利用していたのはビッグローブ光でしたが、これをソフトバンク光に切り替えたことで、約1.5千円の削減に繋がりました。

 

微々たる金額ですが、自宅Wi-Fiも今後使用ないわけでないですし、IoT(モノのインターネット)が進むにつれて、自宅Wi-Fiの重要性は増してきます。

近い将来、自宅にある家電のほとんどがネットと接続することでより利便性が高まっていくと想定されます。

 

ということで、これも生涯に渡って使用し続ける費用になりそうなので、長期的にみれば効果があるといえます。

自宅Wi-Fiの見直しによる、年間の削減額は1.8万円です。

 

事例③:クレジットカードの見直し(エポスプラチナカード⇒ゴールドカードにダウングレード)

続いては、クレジットカードです。

クレジットカードも基本的には、生涯に渡って使い続けていく可能性が非常に高いですよね。

クレジットカードは所有することで、年会費が掛かるものがあります。

 

当然年会費無料のクレカしか所有していない人は意味がないですが、ぼくの場合、クレカの使い過ぎによって、エポスカードをプラチナまでグレードアップさせてしまいました、、、

 

エポスプラチナカードの場合、年会費が2万円発生してしまいます。※年間で100万円以上利用すれば、エポスポイント2万円分付与されるので、相殺されますが、最近はそこまで使っていないです。

 

年間2万円はかなり大きいですね、、

 

プラチナカードからゴールドカードに切り替えることで、年会費を無料にすることができるそうです。

(通常、エポスゴールドカードの年会費は5千円ですが、招待制でエポスプラチナカードを所有して、ゴールドカードにダウングレードすると、年会費が無料になります!)

 

まだ、実際に切り替えの手続きはしていないですが、近いうちに切り替えを行う予定です!

(理由としては、次の年会費が発生する前までエポスプラチナカードを使えるので、それまで使った方がお得だからです。※エポスカードの年会費は先払い

 

ということで、これを仮に定年の60歳まで利用した場合、下記の削減額となります。

・2万円(1年間の削減額)×30年間=60万円

これもクレジットカードの年会費の見直しだけで、長期的に60万円も削減効果が期待できます!

【エポスプラチナカード】5年使ったけどゴールドに切り替えを検討!

 

事例④:ジム通いをやめた(自宅で筋トレ)

人生100年時代と言われても、よぼよぼな体で動かなかったら意味がないですよね。

元気に活動できる健康寿命を少しでも長くするために、トレーニングは欠かせません。

 

ぼくはジム通いしていたのですが、仕事が忙しかったりと継続が難しかったです。

 

ぼくの場合、少し体を鍛えれば満足で、ムキムキを目指しているわけではありません!

 

なので、自宅に軽く筋トレできる環境があればジムに行く必要もないし、ジム代も節約できると思いました。※本格的に筋トレをする場合は、ジムの設備を活用したほうがいいのは間違いありません!

目的は、あくまで運動不足解消や軽く筋トレして最低限の筋肉を維持するためです。

ということで、ぶら下がり健康器を購入しました。(笑)

Amazonで1万円ほどで購入できます。組み立てが少し面倒なのがネックですが、頑丈で毎日使っています!

ジムの月会費が7千円ほどでしたので、その分節約できています。

これも長期的にみれば、それなりに大きな金額になります。

年間の削減額が8.4万円!

 

このぶら下がり健康器、中国製でしたがかなり頑丈ですごく満足しています!

 

事例⑤:サブスクリプションの登録見直し

最後は、サブスクリプションです!

もうこれほんと便利すぎます!

【サブスクリプション(サブスク)とは】
定額制のサービスのこと。利用している間だけ費用が発生するもの。利用をやめれば費用は発生しない。

ただ、1つ1つのサービスはかなり安くていいのですが、たくさん加入しすぎるとトータルの出費はかなりの金額になってしまいます!

 

これからますますサブスクリプションが増えていくことが想定されます。

あのトヨタも、車のサブスクリプションを始めているくらいですね。

 

これも今後、長期的に利用していくことになりそうです。

なんとなくで加入してもう使っていない月額制のサービスはないですか?

一度見直しを図って、自分にとって本当にメリットがあるものだけを選定していくことが必要だと思っています。

 

ちなみに、ぼくは次のサブスクリプションを利用しています。

・Netflix(ネットフリックス)
・楽天マガジン
・マネーフォワード ME(プレミアムサービス)
・Amazonプライム
・Youtubeプレミアム

以前は、このほかにも7つほどのサブスクリプションに加入していました。

それぞれ、5百円ほどでしたが合計すると月額で3.5千円も発生していました。※試しも含む

利用し続けていたら、年間で4.2万円支出が発生している状況でした。慌てて、見直しを図りましたよ!

【登録・加入しすぎは注意】コスパ最強のサブスクリプションの落とし穴!解約方法も紹介!

 

まとめ

これまでお伝えしたように、長期間に渡って発生するものを見直しすることで、長期的に大きな節約効果をもたらしてくれると思います!

少額の節約を頑張るより効果が期待できるかもしれませんね!

ぼくは、こっちの方が効果を実感しています!出費が減って、貯金が増えてきています!

 

何かの参考になれば!

それではまた!!