普通の会社員である僕が【JCB THE CLASSザ・クラス(ブラックカード)】を入手できた方法はこちら!

【EXグリーン早得・スマートEX】新幹線のグリーン車に人生で初めて乗車してみた!

人生で初めて新幹線のグリーン車に乗ってみました!

みんな普通に乗っているんですかね、、、ぼくは、もうアラサーだというのに、これまで機会がありませんでした、、、(笑)

とりあえず、新幹線のグリーン車に乗ったことがない方に向けて、グリーン車がどんな感じか伝えられればと思います。

ちなみに、ぼくが利用したのは、東海道新幹線の「品川」-「新大阪」間になります。

あと、「スマートEX」を利用するのがすごく便利なので、それも合わせて簡単にまとめてみました。

【YouTubeプレミアム】1年間使ってみた!月額1,180円支払う価値はあった?

スマートEXとは?

【スマートEXとは?】

年会費無料で、東海道・山陽新幹線のネット予約サービスのこと。
・年会費無料
・ネットで新幹線を予約
・交通系ICカードで乗車可能
・「早得商品」が利用可能

詳細は公式HPをご確認ください。

EXアプリ
EXアプリ
開発元:Central Japan Railway Company
無料
posted withアプリーチ

「スマートEX」を実際に使ってみて、かなりお得に感じることが多いので、新幹線に乗る機会がある方は登録しておいて損はしないと思います。

 

ぼくがメリットと感じているのは次の2点です。

・みどりの窓口に並ばなくてよい
・「早得商品」が利用できる

もう少し具体的に説明しますね。

 

メリット①:みどりの窓口に並ぶ必要がない!

スマートEXの最大の売りは、なんといってもみどりの窓口に並ぶ必要がないという点です。

もうね、これだけでかなりストレスフリーです。

3連休や大型連休では、みどりの窓口に長蛇の列ができていますよね。そこに並んだら、かなりの時間を無駄にしてしまいます。ぼくは、いつも利用する度にこの列に並ぶのが憂鬱でした。

 

それが、「スマートEX」を利用すればネットでいつでも予約が可能になります。

 

スマホ1つで予約できちゃいます!

 

これが本当に最高です!!

キャンセルも乗車直前まで可能ですし、キャンセル料も取られません!

もう長打の列に並ぶ必要はありません!

 

メリット②:「早得商品」が利用できる!

これは状況によって異なりますが、使い方次第ではすごくお得になります!

いくつか種類がありますが、

特に「EX早得21」のエクスプレス予約が便利なので、ご紹介したいと思います。

 

「EX早得21」は、新幹線に乗る21日(3週間前)前にネット予約することで、利用することが可能になります。

「東京・品川」⇔「新大阪」の区間では、3,520円通常より安くなります!

これは非常に大きいですね。

その他の区間は下記を参考にしてみてください!

【利用区間と料金】

【利用条件】

ただ、【利用条件】をみてわかるように、「EX早特21」では、次の2点がネックになります。

繁忙期(GW、お盆、年末年始)に利用できない!

利用できる時間帯が乗車駅を朝6:00~6:59と昼11:00~15:59と時間が指定されている!

あと、この2つに加えて、「EX早特21」は人気のため、すぐ座席が埋ってしまいます!!

乗車日が事前に確定している場合は、早めの予約をおすすめします!

 

いずれにしても、タイミングが合えば、料金がかなり安くなるので使わない手はありませんね。

 

詳細は公式HP「EX早割21」をご確認ください。

 

「EXグリーン早得」については、次で説明しますね。

 

「EXグリーン早得」を利用

いつも「EX早得21」を利用するのですが、今回は「EX早得21」が売り切れてしまっていたので、「EXグリーン早得」を利用してみることにしました。

これまでグリーン車に乗る機会がないので、人生で初めての乗車となりました。

 

「EXグリーン早得」は乗車の3日前までの予約で利用可能!

乗車の3日前までの予約で、早朝の「のぞみ」と終日の「ひかり」にて、グリーン車をお得に利用することができます。

「東京・品川」⇔「新大阪」の区間では、4,920円通常より安くなります!

その他の区間と割引については、次の表をご確認ください。

【利用区間と料金】

【利用条件】

こちらも、「EX早得21」と同じで、次の2点がネックになります。

・繁忙期(GW、お盆、年末年始)に利用できない!

・乗車駅を6:00~6:59に出発する「のぞみ」と終日の「ひかり」グリーン車と指定されている!

詳細は公式HP「EXグリーン早割」をご確認ください。

 

「グリーン車」は「普通車」と何が違うのか?

今回、初めて新幹線の「グリーン車」に乗ってみて、「普通車」と何が違うのか、簡単にまとめてみました。

 

まず、「グリーン車」と「普通車」では、大きく2つの違いがあります。

それは、「料金」「座席周り」です。

 

違い①:料金

グリーン車は、「東京・品川」⇔「新大阪」の区間だと片道で通常19,590円します。

普通車と4,920円も違いがあります。

これはかなり大きい金額の差だといえます。

それ以外の区間は、下記を参考にしてください。

 

違い②:座席周り

これは、説明するより写真でご紹介していきますね。その方がわかりやすいと思いますので、、

まず、「グリーン車」の方が全体的に広々しています。

 

嬉しかったのは、「フットレスト」があったことです。これは長距離移動のときに楽ですね。

座席のリクライニングは、このボタンで操作します。

 

「普通車」にも座席テーブルが付いていますが、「グリーン車」では、もう1つ小さなテーブルがありました。

 

コンセントは座席の間にあるので、通路側でも窓側でも利用できます。

 

手元にボタンが2つあって、「照明」「足元の暖房?」がありました。足元の暖房みたいのは、付けましたがあまり効果がわかりませんでした。

 

照明はこんな感じです。照明があるのは片側だけでした。窓際だと左肩あたりから照らしてくれます。

照明をつけてないとこんな感じです。

 

あと、お手拭きをくれましたよ。ゴミ回収も1~2回来てくれます。

 

初めての利用でしたが、新しい発見がいくつかあって楽しかったです。

ただ、通常の料金を出して利用するかと聞かれると微妙なところですね。

到着時刻が早まるわけではないですし、、、

 

結論:使う場合は「EXグリーン早得」を使う機会に限定されそうです。

【当日発行】TOHOシネマイレージカード(クレジット機能なし)

 

まとめ

新幹線によく乗る方は、「スマートEX」を利用することでいろいろお得になることがあります。

「早割商品」は条件があって、全員にメリットがあるわけでないのですが、みどりの窓口に並ばずに、新幹線に乗ることができるのは非常に便利だと思います。

待ち時間を短縮できて、その余った時間を有効活用できるので、積極的に活用していくことをおすすめします!

EXアプリ
EXアプリ
開発元:Central Japan Railway Company
無料
posted withアプリーチ