JCBザ・クラスの詳細はこちら

【新旧比較】ソニーノイキャンイヤホン新型WF-1000XM4と旧型の差は?

くるパ
どうも、くるパです。当ブログにアクセスいただきありがとうございます!

ソニー(SONY)のワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM4を購入しました。WF-1000XM3を2年間愛用していましたが、さよならします。

 

今回は下記の方に向けて情報をまとめています。

この記事を読んで参考になる方
  • 旧型モデルWF-1000XM3から新型モデルWF-1000XM4に変えるべきか迷っている
  • 旧型モデルWF-1000XM3と新型モデルWF-1000XM4のどちらを購入すべきか迷っている

新型モデルと旧型モデルを比較して、どの部分に進化を感じられたのかを、2年間旧型モデルを毎日フル活用した僕が解説していきます。

 

さっそくですが、新型モデルに切り替えて利用してみた僕の結論としては、現在WF-1000XM3を持っている方は、新型のWF-1000XM4に切り替えする価値は十分にあると思っています。

この後その理由を解説していきます。

 

旧型モデルWF-1000XM3から新型モデルWF-1000XM4に切り替え

2021年6月25日にソニーから新型モデルが発売されました。

製品名
  • ソニー(SONY)ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4

旧型モデルのWF-1000XM3の発売日は2019年7月13日、当日に購入してからほぼ毎日使用し続けていたので、約2年間利用していたことになります。

愛着があった分、使わなくなるのはちょっと寂しい気がします、、それはさておき、新型モデルをご紹介していきますね。

 

実際に手元にWF-1000XM4が届きました。かなりシンプルな感じです。

 

今回は細かい変更点は多々あるものの、使用場面で特に進化を強く感じた部分にピックアップしてご紹介していきます。

 

【比較】ソニー(SONY)の新型モデル1000XM4の進化ポイント

新型のWF-1000XM4とWF-1000XM3でどのような違いがあるのでしょうか。

まず、主な製品仕様としては以下のような違いがあります。

【製品仕様の違い】

【新旧比較】 新型モデル(WF-1000XM4) 旧型モデル(WF-1000XM3)
充電時間 約1.5時間 約1.5時間
充電方法 USB充電(ケース使用)、ワイヤレス充電(ケース使用) USB充電(ケース使用)
電池持続時間

(連続音声再生時間)

最大8時間(NCオン) / 最大12時間(NCオフ) 最大6時間(NC ON)/最大8時間(NC OFF)

電池持続時間

(連続通話時間)

最大5.5時間(NCオン) / 最大6.0時間(NCオフ) 最大4時間(NC ON)/最大4.5時間(NC OFF)

上記以外の細かな製品仕様は公式HPよりご確認ください。

※以下、WF-1000XM4を「新型モデル」、WF-1000XM3を「旧型モデル」と表記しております。

 

進化ポイント

実際に両方を使ってみて感じた進化ポイントとしては次の感じです。

進化ポイント
  • 持ち運びしやすさ
  • ノイズキャンセリング機能
  • フィット感
  • 音飛び・ノイズ
  • 音量
  • 接続の安定性

順に説明していきます。

 

持ち運びしやすさ

まず1番最初に感じたのは、サイズが小さくなって持ち運びしやすくなったことです。

これまでソニーのノイキャンは性能は良いけど、他のノイキャンと比較してもサイズが大きいと言われてきました。

実際に僕も2年間フル活用していてサイズ感は気になっていました。そのため、今回、コンパクトになってくれたのですごく嬉しいです。

 

実際に並べてサイズ感を比較してみました。

半分とはまではいかなくても、それに近いくらいサイズが小さくなっているのがわかるかと思います。

 

上から比較してみました。

こちらもかなりコンパクトになったことがわかるかと思います(旧型モデルは立たないので、手で押させる必要がありますね)。

 

手に乗せてもかなりコンパクトになったことがわかります。

これらくらいのサイズ感なら持ち運びも全く気にならないです。

 

イヤホンを並べてみました。

こちらは、形状が変わったもののサイズ感の違いはそれほど感じませんでした。

 

ノイズキャンセリング機能

新型モデルに変えてみて1番嬉しかったポイントが、ノイズキャンセリング機能が格段にパワーアップしていたことです。

これは間違いなく性能アップしています。

旧型モデルもノイズキャンセリング機能はあったのですが、機能をオンにしても多少音を軽減してくれる程度でした。

ですが、今回の新型ははっきりと違いを感じることができます。外部の音をかなりシャットアウトしてくれます。さすがに静寂とまではいかないですが、十分すぎるほど静かになります。

外出先で静かに仕事や勉強した場合は、新型モデルのノイズキャンセリング機能を使うことで集中できる環境がすぐ手に入りますよ。

 

フィット感(装着感)

フィット感(装着感)も向上しています。

旧型モデルの方は耳から外れることが何度もあり、しっかりフィットしているという感覚があまりなかったです。

新型モデルは確実にフィット感が増しています。装着時にイヤホンを耳に少し押し込む必要がありますが、耳から外れることはなくなりました。

 

音飛び・ノイズ

ワイヤレスなのである意味仕方ない部分はあると思っていた「音飛び・ノイズ」ですが、新型モデルは劇的に改善されていました。

旧型モデルを使っていたときは、人混みが多いなかでは音飛び・ノイズが激しかったです。

特に毎回決まって音飛び・ノイズが発生してしまうエリアがあったのですが、新型モデルで試してみたところ全く音飛び・ノイズが発生しませんでした。

 

音量

音量が大きくなったのもかなり評価が高いです。これは地味な点なのですが、僕にとっては意外と満足感に関わる部分でした。

旧型モデルは、音量を最大にしてもそれほど大きい音ではありませんでした。

ノイキャンの性能が向上したことで音が聴きやすくなった部分も多少は影響しているかもしれませんが、音量の最大値の幅が広がった点も新型モデルに変えて良かったと思うポイントです。

 

接続の安定性(片側聞こえないなどの不具合はなし)

接続の安定性も向上しています。

旧型モデルは、片側のイヤホンが聞こえないなど接続が不安定な時が時々発生していました。

購入した当初もすぐに片側のイヤホンの音が全く聞こえなくなり、実際に無償交換してもらったことがあります。

【無償交換】ソニーWF-1000XM3(ノイキャン)片方のイヤホンが聞こえない!

無償交換してもらった後も全く聞こえなくなることはなくなりましたが、接続がうまくいかず片側のイヤホンだけ音が聞こえないなんてことが度々ありました。

その都度、ケースに戻して再度接続し直すなどの手間が発生。

このあたりは、新型モデルを使って間もないので判断が難しいですが、今のところ片側が聞こえないなど、接続が不安定だと感じたことはないです。

 

変化なしポイント

続いて、新型モデルと旧型モデルでそれほど性能アップしたと感じなかった部分です。

変化なしポイント
  • 音質
  • Bluetooth切り替え速度

 

音質

音質はそこまで違いはないように感じました。細部にこだわれば改善されているのかもしれませんが、僕の場合は旧型モデルでも新型モデルでも変わらず十分なクオリティーの音質が再現されていると感じています。

音質にかなりこだわりがある人以外は、あまり差を感じない部分かもしれません。

 

Bluetooth切り替え速度

Bluetoothの切り替え速度も、ソニーの得意とするところなのです。新型モデルと旧型モデルでの違いはそこまで感じていません。どちらもスムーズに機器の切り替えが可能です。

僕は普段からよくパソコンとスマホを頻繁にBluetoothの切り替えをするのですが、若干切り替えスピードが上がったかな程度です。

旧型モデルでもストレスなくBluetoothの切り替えをしてくれるので、そこまで差を感じていません。

以上が、進化したポイントとあまり変化を感じなかった部分です。

 

今回は使用場面で変化を強く感じたポイントなどに絞ってきましたが、実際は、上記以外にも新型モデルは防水性能がアップしていたり、骨伝導センサーが搭載されたりと、目覚ましい進化があります。

 

旧型モデルから新型モデルに変える価値はあるか?

冒頭お伝えしたように、旧型モデルから新型モデルに変えてみた僕の率直な感想としては、非常に満足しています。

特に、サイズがコンパクトになった点やノイズキャンセリングの機能が格段に向上した点に、メリットを強く感じる方は、新型モデルに変えた場合、満足する可能性が非常に高いといえます。

逆にサイズやノイキャン性能以外の、音質の向上などを期待していたりすると、値段に見合うような価値は見出しづらいかもしれません。

 

WF-1000XM3とWF-1000XM4のどちらを購入すべきか?

ソニーのノイキャンイヤホンを購入しようか検討しているけど、WF-1000XM3とWF-1000XM4どちらを選べばいいかな?やはり最新の方がいいの?

両方持っていない方で、ソニーのノイキャンを検討している方はどちらを購入すべきなのでしょうか?

やはりネックになるのが価格帯ではないでしょうか。

【2021年7月時点】

【新旧比較】 新型モデル(WF-1000XM4) 旧型モデル(WF-1000XM3)
価格 33,000円(税込)程度 20,000円(税込)程度

※価格はヨドバシや楽天、アマゾンを参考

新型モデルは3万円を超えるほどの価格です。旧型モデルは、2万円を切る場合もあるのでかなり価格差はあります。

今回ご紹介したような進化ポイントが、価格差に見合うだけの魅力を感じるのであれば新型モデルでをおすすめします。

ですが、旧型モデルも十分優秀です。

余談ですが個人的には、イヤホンのデザインは旧型モデルの方が好きです。

今、旧型モデルのWF-1000XM3を持っている方であれば新型モデルを推奨しますが、両方持っていない場合は旧型モデルも十分ありです。

 

今回の記事が参考になれば幸いです。

それではまた!!


マネーフォワード MEのプレミアム会員がおすすめ!


Zaimのプレミアムユーザーがおすすめ!