一人暮らしの貯金1000万円達成は年収1000万円より難しくない!

スポンサーリンク

年収1,000万円を達成したい!!

多くの社会人が一つの目標とする数字ですよね!!

ぼくもできることなら年収1,000万円を達成できるビジネスマンになりたいと思っているうちの一人です。

でも、とてもじゃないけどこのご時世、年収1,000万円を達成するなんてかなり厳しいことは周知の事実ですよね。

とくに会社務めでは、年収1,000万円を達成しようと思ったら、大企業で部長もしくは、役員クラスにならないと到達できない領域です。

いやーまじ厳しいですね。激しい出世競争に勝たないといけないですし・・・世知辛い世の中だ!!

と嘆いていても何も始まらないので、達成目標を変えました。

それは、

年収ではなく、貯金額にすることです!!

年収1,000万円は厳しくても、貯金額を1,000万円にすることは決して難しくないと思っています。

ぼくは、29歳の時に貯金額1,000万円を達成することができました。

一人暮らしの方でも十分に達成できると思っています。ぼくも一人暮らしでしたし・・・

実際、もちろん貯金額1,000万円も一朝一夕で貯められる額ではないです。でも年収で達成するよりもはるかに簡単です。

そこで、ぼくが達成するために実施したことを簡単に紹介してみますね。

貯金額1,000万円達成のための5つのポイント

⚫️収入の範囲内で生活する

まずは、収入と支出をしっかりと把握することです。そして収入の範囲内で生活することが達成するための大前提です。収入を把握していることが多いと思いますが、支出を把握できていない場合があります。

ぼくは、1ヶ月にどれだけの支出が発生しているか把握して毎月収支管理を徹底していました。
今はアプリで家計簿のようなものがあるので、活用するものいいかもしれません。

⚫️金額の大きい固定費を減らす

よく貯蓄するために節約に励むことがあると思うのですが、小さな額に節約してもあまり効果がありません。電気代を安くするためにエアコンを使わないとか・・・

それよりも金額の大きい固定費を減らすことがとても大事です。

固定費とは、毎月確実に発生する費用のことです。その代表的なものとして、家賃ですね。金額が大きいので、まず節約を考える場合に目をつけるのがこの家賃です。

ぼくは、家賃を抑えるために少し狭い家に引っ越すなどして、2万円ほど固定費を減らすなどしていました。

⚫️自動的に貯蓄できる仕組みを利用

浪費グセのあるぼくでしたが、会社の制度で財形貯蓄制度があったので、給料天引きで毎月2万円を自動的に貯蓄することができました。仕組み化が最強です。

⚫️ボーナスは全額貯金に回す

ボーナスはそれほど大きな額ではなかったですが、いっさい手をつきないようにしました。まず、毎月、収入の範囲内で生活していれば、ボーナスを使ってしまうことは避けられはずです。

⚫️株式投資

そして、最後に一番大事なことは、投資をすることです。
投資が怖いというイメージがありますが、決してそんなことはありません。FXとかは投資ではなく投機なのでギャンブルですが、株はギャンブルではありません。

応援した会社や業績の良い(毎期営業利益を伸ばしている)株を保有することで、長期的に資産を形成することはできます。

ぼくが、20代で貯金1,000万円以上達成できたのは、株式投資をしていたからに他なりません。

本当に1,000万円以上の資産を形成するのであれば、投資に前向きになる必要があると思っています。ただし、しっかりと勉強することは必要です。自分の資産を守るために日々勉強は欠かせません。

 

以上、5つほどポイントを書かせていただきました。

当たり前のことしか書いてないですが、1,000万円達成できるかどうかは、上記のことをどれだけできるかだと本気で思っています。ぼくも10年かからず貯蓄1,000万円を達成できました。年収1,000万円はほど遠いですが・・・

年収1,000万円を目指す前に、貯蓄1,000万円から挑戦することをおすすめします!!

 

スポンサーリンク