【おひとりさま】海外旅行は「浪費」でなく「投資」

スポンサーリンク

最近では、海外旅行に一人で行く人もかなり増えてきていますよね。

それでも一人で海外旅行に行くのはまだまだマイノリティ。

海外は日本と違っていろいろと危険なことが多いので、友達など集団で行く方が安心なのは間違いありません。

だからこそ一人で行動できる人ってメンタルが強いと思っています。

で、このメンタルって、日本社会を生き抜いていくうえでとても重要な要素だったりしますよね。

ストレス耐性を鍛えることは、自分の身を守るためにとても大切です。

その強いメンタルを手に入れるのに最適なのが海外の一人旅だったりするわけです。

「浪費」と「投資」の違いは?

まず「浪費」と「投資」の違いですが、ぼくは次のように解釈しています。

浪費:一時の価値を得る、満足だけで終わってしまうもの

投資:将来的に価値が生じるもの、満足がやってくるもの

一人で行く海外旅行は最大の「投資」

「浪費」と「投資」の違いを区分したうえで、一人で行く海外旅行は間違いなく「浪費」ではなく、自分への「投資」だと思います。

頼れるのは己の身ひとつ

海外の一人旅ほど、他人の力を得ることなく自分で決断、実行していかなくてはなりません。

日本にいれば、自分以外の周りの誰かが動ているくれるし、手伝ってくれることは普通にあります。

しかし、海外の一人旅ともなれば、頼れるのは己の身ひとつだけです。

日本から出れば、どの国も文化や言語が当然違います。

そうした環境の中で、現地の人とコミュニケーションを取ったり、宿泊先を探したりしなければなりません。

困ったことがあっても、自分で切り抜けるしかないです。

この自分でどうにか切り抜けていく力こそが、今後、自分の成長に大きく影響してきます。

1回より、2回、3回・・・と一人で海外旅行に行っていれば、おのずと経験値が上がっていきます。

将来、自分の成長の可能性を広げるためにも、海外に一人旅することをおすすめします!!

【海外一人旅のすすめ】カンボジアの一人旅がおすすめの理由も紹介!

2019.10.23
スポンサーリンク