このサイトのこと

スポンサーリンク

当サイトの管理人をしているクルパーです。

閲覧いただき本当にありがとうございます。

人生は1度きりと思い、思い切ってカンボジアに移住してみた経験のあるアラサー男子です!

ぼくがカンボジアで生活していたのは2012年~2013年の1年間です。
たった1年間でしたがカンボジアの文化や生活にどっぷり浸かりました!!

ぼくが拠点を置いていたのは、ベトナム国境付近に近いスバイリエン州という小さな町です。

10カ所以上の村々に訪れ、数週間滞在するなど村の生活をくまなく体験してきました。

具体的には次のような経験をしました。

ぼくがカンボジアの村で経験したこと

村で水浴び生活
村の結婚式で夜中まで踊り狂う
村のなぞの祭りに参加
村の火葬の場に立ち会う
村人たちとアルコール25度の地酒を回し飲み
村で交通事故にあいプノンペンに緊急搬送
雷雨(スコール)の中、夜の村で道に迷い野犬に襲われ死にかける
地雷原に足を踏み入れ、撤去作業を目の前で体験

たった1年間だけですが、本当に濃い1年間を過ごしたと思います。

また、こうしたカンボジアの生活を経験したことで、カンボジアに行く前の怠惰な生活を見直す良いきっかけとなりました。

カンボジアに行く前までは、お金の使い方が非常にルーズで、キャッシングを繰り返し、

キャッシングの支払いをキャッシングで返済するというだらしない日々を過ごしていました。

カンボジアでは今なお普通に生活するのさえ大変な家をたくさんあります。

食べるのさえ大変なの状況です。

そうした現状を目の当たりにした時、給料をもらって好きなことに散財してしまっていた自分自身が恥ずかしく、申し訳ない気持ちになりました。

お金の大切さ有難さを身に染みて感じたことで、日本に帰国後、これまでの生活スタイルを変えていきました。

資金管理を徹底し続けたことで金融資産を大きく増やすことができるようになりました!!

具体的には、20代で金融資産を1,000万円を達成しました。

当サイトでは、ぼくの経験・体験をもとに次の情報を発信しています。

はじめてカンボジアに旅行しようと計画している方にカンボジアの魅力を伝える

ぼくが実践しているお金管理方法・資産形成方法を伝える

気軽に読んでいただければ嬉しいです。

帰国してからも、カンボジアに旅行したりしています。

カンボジアの言語であるクメール語に関しては、生活に困らない程度なら話すことができます。

もし、カンボジアに興味のある方はいつでも連絡ください。
カンボジアの魅力について一緒に語りましょう!!

よろしくお願いします♩

スポンサーリンク