【JCB最高峰】JCB THE CLASSのメリット紹介

【ラグジュアリーカード】ローズゴールド申込!ザ・クラスとの違いは?

 

くるパ
ラグジュアリーカードのローズゴールドに申し込みを行なってみました。JCBザ・クラスとの違いにも触れていきます。

 

ラグジュアリーカードのローズゴールドの申し込み

ラグジュアリーカードに実際に申込を行なってみました。

ラグジュアリーカードとは?

そもそもラグジュアリーカードとは?

ラグジュアリーカードは、Mastercard®(マスターカード)の最高峰に位置するクレジットカードです。

種類は下記の通り。

年会費 申し込み
Mastercard® Black Diamond™ Gold Card™ 招待制
Mastercard® Gold Card™ 年会費 本会員 220,000円(税込) 直接申込可能
Mastercard® Black Card™ 年会費 本会員 110,000円(税込) 直接申込可能
Mastercard® Titanium Card™ 年会費 本会員 55,000円(税込) 直接申込可能

※ラグジュアリーカードの上位カードを上から並べております。

ラグジュアリーカードでは、Black Card(ブラックカード)よりGold Card(ゴールドカード)の方が高い位置付けとなっております。

一般的なクレジットカードの階層と異なるのが特徴的ですね。

最上位に君臨するのがBlack Diamond(ブラックダイヤモンド)です。

年会費は100万円を超えてくるそうです。

 

直接申し込み可能(ブラックダイヤモンド以外)※審査あり

ラグジュアリーカードは基本的に直接申し込みが可能となっております。

ただし、最上位のBlack Diamond(ブラックダイヤモンド)だけは、招待制なので、直接申し込み不可となっております。

その他のカードは審査があるものの、直接申し込み可能です。

 

審査基準は厳しい?

直接申し込みできるとはいえ、審査が必要となります。

Mastercard(マスターカード)の最高峰に位置するカードですので審査はそれなりに厳しいと想定されます。

明確な基準は公表されておりませんが、他のクレジットカード情報や安定収入があるかなど、判断されることは間違いないでしょう。

 

ラグジュアリーカードは半年間のお試しが可能?

実はこのラグジュアリーカード、半年間のお試しができるとされています。

厳密には、お試しできるわけではなく、実際に利用してみて、サービス内容に満足できなかった場合に、一定の基準を満たしている場合のみ年会費が戻ってくるという仕組みです。

 

基準
・半年間利用(申し込みから半年経つ1日前までの利用で年会費を含めて50万円以上利用している場合)

上記の基準を満たしていることを前提ですが、窓口に電話するだけで簡単に解約が可能です。

Mastercardの最高クラスのサービスが半年間、無料で利用できる可能性が高いので、これは見逃せないですね。

【注意】半年ではない?ラグジュアリーカード【年会費全額返金保証制度】いつまで対象?

 

JCBザ・クラスと何が違う?

僕の現在のメインカードが、JCBザ・クラスですので、それぞれの違いについて簡単に触れておきます。

【ラグジュアリーカードとザ・クラスとの違い】

ラグジュアリーカード JCBザ・クラス
国際ブランド Mastercard(世界シェア:約26%) JCB(世界シェア:約1%)
年会費 55,000円(税込)〜220,000円(税込) 55,000円(税込)
ポイント還元率 1%〜1.5% 0.5%〜0.85%

 

大きなところだけ記載しておりますが、まず、最大の違いは国際ブランドが異なる点です。

国際ブランドは、他にも「VISA」「アメリカンエキスプレス」などがあります。

国際ブランドのシェアが高ければ、それだけ世界で使える(決済できる)場所が多いということになります。この点においては、やはりともいうべきか、Mastercard(マスターカード)に軍配があがります。

 

また、年会費については下限がJCBザ・クラスの55,000円(税込)となります。

JCBザ・クラスと比較するとMastercard(マスターカード)の方が年会費はかなり高めに設定されています。

 

ポイント還元率は、ラグジュアリーカードの方がお得となります。クレジットカードのポイント還元率では1%から高還元率とされていることからも、そのポイントの高さはかなり魅力的といえます。

 

その他にも細かい点は多々違いますが、どちらが良い悪いというのは当然ながらありません。

それぞれ特徴が異なります。

 

【ラグジュアリーカード】カード券面から伝わるステータス性

ラグジュアリーカードは金属で作られているので重厚感抜群です。

Mastercard(マスターカード)というVISAに次ぐ圧倒的な知名度を誇る国際ブランドの最高峰クレカのため、圧倒的なステータス性があります。

本物のステータス性のクレジットカードが欲しい方におすすめです。

目指すべきは、インビテーション(招待)をもらって、選ばれた人にしか持てないブラックダイヤモンドを手にすることですね。

 

【JCBザ・クラス】エンタメに強い高ステータスクレカ

JCBザ・クラスも日本で唯一の国際ブランドを持っているJCBの最上位クレカです。

ラグジュアリーカードと比較すると、JCBザ・クラスが一見劣るように見えますが、JCBザ・クラスはエンタメに強いクレなので、そこに魅力を感じる場合は、ザ・クラスの方がおすすめできます。

具体的には、Diseny(ディズニー)やUSJ(ユニバ)好きな人にとっては嬉しい特典が盛り沢山です。

特に、JCBのメンバーズ・セレクションで注文すれば、パークのペアチケットを無料でもらうことができます。

JCBメンセレ申し込み方法!いつ注文商品が届く?今年はユニバを選択

【JCBメンセレ】ディズニーパークチケット&フェイスタオルが届く

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回、無事にMastercard® Gold Card™の「Rose Gold」の審査が通りました。

ローズゴールドを選択してみたので、手元に届き次第、カード券面や実際に利用してみ良い点・悪い点などを紹介していきます。

また、JCBザ・クラスとの違いについても今後詳しく解説していきます。

どちらのクレジットカードを持つべきか検討している方の参考になれば幸いです。

それではまた!!

ABOUT US

クレジットカードアドバイザー®︎
過去、クレジットカードのキャッシングなどを繰り返し、借金200万円ほど抱えるも、お金の管理を徹底し完済した経験を持つ!現在は「JCBザ・クラス」や「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」、「ラグジュアリーカードゴールド」といったステータスの高いクレカを手にできるまで信用が復活!実際のクレカ保有経験をもとに情報発信。また、家計簿アプリのマネーフォワード MEを活用したお金の管理も得意とする。