普通の会社員である僕が【JCB THE CLASSザ・クラス(ブラックカード)】を入手できた方法はこちら!

【JCBザ・クラス招待】価値はある?クラブ33の廃止はショック

スポンサーリンク

クレジットカードの利用実績を積み重ねていくと、クレジットカード会社からグレードアップへの招待が届くことがありますよね。

 

クレジットカードのグレードアップは、基本的に「申込制」と「招待制(インビテーション)」の2通りです。

 

ぼくは、現在「エポスプラチナカード」と「JCBゴールド ザ・プレミア」の2枚を持っています。

 

いずれも、利用実績を積み重ねて、クレジットカード会社から招待(インビテーション)でグレードアップをしています。※ただし、「JCBゴールド」については申し込みによる取得。

 

「申込制」の場合は、そのカードのステータス性にもよりますが、審査基準があって取得が難しい場合もあります。ただ、クレジットカード会社から選ばれるわけではなく、自分で直接クレジットカード会社に申し込むことで取得することが可能となるものです。

 

一方、「招待制(インビテーション)」の場合は、基本的に、自分から申し込んで取得することはできず、利用実績や個人情報をもとに、クレジットカード会社で事前に審査が入り、条件を満たした方に招待(インビテーション)が届くようになっています!

・JCB一般カード

 

ついにJCBザ・クラスの招待がきた!

ついに、JCBカードの最上位、JCBザ・クラスの招待(インビテーション)が届きました!

長年、手にしたいと思っていたクレジットカードです。

 

2019年の12月上旬くらいに、自宅のポストに封筒が入っていました。※もしかしたら11月末くらいかもです。ポストを毎日確認していないので、、

 

JCBカードでは、同じ位置づけでJCBプラチナカードがあるのですが、こちらは直接申し込むことができるため、クレジットカード会社からの招待(インビテーション)でしか手にできないJCBザ・クラスの方が希少なイメージがあります!

 

頑張って利用実績を積み重ねてきて甲斐がありました!※まだ、招待が届いただけです。手元にはありません。

 

JCBザ・クラスは、JCBのブラックカードと呼ばれています。漆黒の色合いが、やはりかっこいいですね!

【JCB THE CLASS】

 

封筒の裏面は、最上位というイメージを想起させるためですかね、富士山の写真が見えるようになっていました!

JCBザ・クラスとは?

JCBザ・クラスとは、JCBのクレジットカードの中で最上位に位置づけらているカードになります。

・JCBザ・クラス(公式HP)

 

JCBは国内で唯一の国際ブランドです。

 

国際ブランドとは、簡単にいうと世界中の多くのエリアで使えるクレジットカードのブランドのことです。

【一人暮らし・クレカ】国際ブランドとは?何枚がおすすめなのか?

 

国際ブランドの1つであるJCBの最上位カードなので、やはりステータス性は高いカードといえそうですね。(ただ、パンピーのぼくにも招待が届いたので、ブラックカードかどうかについては疑問符がつきます、、)

 

JCBザ・クラスの招待(インビテーション)が届くまでの経緯

JCBザ・クラスから招待を受けるにはどうすればいいのか、疑問に感じている方もいらっしゃるかと思います。

なので、とりあえず、JCBザ・クラスの招待(インビテーション)が届くまでにどのような経緯だったのか、ぼくの事例で簡単に触れておきますね。

 

JCBザ・クラスの招待が届いた流れ

・2017年4月 : JCBゴールドカード申込み 

・2017年5月 : JCBゴールドカードを取得 ※2017年の年間利用額100万円以上

・2018年12月  : JCBゴールドカードの年間利用額を2年連続で100万円以上達成

・2019年1月 : JCBゴールド ザ・プレミアの招待(インビテーション)が届く

・2019年2月 : JCBゴールド ザ・プレミアを取得 ※2019年の年間利用額100万円以上

・2019年12月 : JCBザ・クラスの招待(インビテーション)が届く

・2020年1月   : 現在申し込むか検討中

 

最初のステップとして、ネットで調べた結果、JCBザ・クラスを取得するためには、JCBゴールドを手にすることが近道だと知ったので、いきなりJCBゴールドカードの申し込みからスタートしました。

あとは、ひたすら利用実績を重ねるだけです。※JCBのプロパーカードを利用していることが前提です。

 

年間利用額100万円以上を達成させる

・JCBゴールドカードで2年連続年間利用額100万円以上を達成する
 ⇒JCBゴールド ザ・プレミアの招待(インビテーション)が届く!

・JCBゴールド ザ・プレミアで年間利用額100万円以上を達成する
 ⇒JCBザ・クラスの招待(インビテーション)が届く!

※集計期間は毎年12月16日から翌年12月15日

 

JCBザ・クラスの招待(インビテーション)が届くまでに最初のJCBゴールドカードが手元に届いてから、約2年半かかりました!

 

これが遅いのか早いのかどうかはさておき、JCBゴールド ザ・プレミアを取得した年に、JCBザ・クラスの招待が来たので、そこは想定よりかなり早かったです。

 

このカードが欲しいために、2017年からJCBカードをメインで使って利用実績を積み重ねてきました。

スポンサーリンク

 

おそらくですが、JCBのグレードアップに関しては個人の地位(年収・役職)とかよりもカードの利用実績を重視しているように感じます。

 

JCBザ・クラスに価値はあるのか?

さて、招待(インビテーション)が届いたのはいいのですが、これを実際に申し込むかどうかが悩ましいところですね。

 

ずっと欲しいと思っていたカードなだけに、招待が届いた時点では素直に嬉しかったのですが、ブラックカードということで、年会費もそれなりに掛かるでしょうし、自分のライフスタイルに合うのかどうか吟味する必要があります。

 

JCBザ・クラスにどれほどの価値があるのでしょうか?

 

実は、ぼくもあまり知らなかったので今回はそのあたりを調べて簡単にまとめてみました!

 

ぼくと同じように、JCBザ・クラスの招待が届いたけど、アップグレードするか迷っている方の参考になればと思います。

 

JCBザ・クラスの年会費は?

まず、クレジットカードを所有する場合やグレードアップする場合などに気になるのが年会費ですよね。

通常のカードの場合であれば年会費無料が多かったりするのですが、グレードアップすると年会費が発生する場合がほとんどです。

 

で、今回の本題である、

JCBザ・クラスの年会費ですが、その金額はなんと、、、

 

55,000円です!!!

 

うん、高い!!!(笑)

月額だと、約4,500円ですね、、、

 

まあ、一応ブラックカードといえるものなのでそれくらいはするのでしょう。ただ、いろいろ調べてみると、通常のブラックカードの年会費と比べるとそれでもかなり安い方のようですね。

 

JCBザ・クラスを所有することのメリット・特典は?

次に、JCBザ・クラスを所有することでどのようなメリット・特典があるのでしょうか?

 

これだけの年会費を支払うだけの価値はあるのでしょうか?

 

JCBザ・クラスでの特典・メリットをざっと挙げてみました!

 

JCBザ・クラスの特典

・ザコンシェルジュデスク(24時間・365日無料)⇒ホテルの予約・手配などを代行

・ザ・クラス メンバーズ・セレクション  ⇒年に1回好きな商品をひとつ選び、無料でもらえる

・ディズニーリゾートホテル優待プラン ⇒スイートルーム宿泊にて20%~40%の割引

・USJ内JCBラウンジ利用 ⇒「ザ・フライング・ダイナソー」の優先搭乗特典

・大相撲特別観戦 ⇒抽選販売だが、特別席で相撲が観れる

・グルメ・ベネフィット ⇒有名レストランのコースメニューを2名以上の予約で、1名分無料

・プライオリティ・パス ⇒世界各国の空港ラウンジが利用できる

・ダイニング30 ⇒食事代が30%割引になるお得なサービス

・JCB Lounge 京都 ⇒京都駅ビル内にあるラウンジが利用可能

 

JCBゴールド ザ・プレミアからJCBザクラスにアップグレードすることで、利用できる特典もそれなりに追加されています。※赤字がJCBザ・クラスになって追加された特典

 

JCBはディズニーランドのオフィシャルスポンサーということで、ディズニーランドへの優待があるのも注目すべき点ですね!

 

ディズニーランドの特典

・ディズニーランド/シー内にあるJCBラウンジが無料で利用可能
・アトラクションに待たずに乗れる(ファストパスより早い※一部アトラクションを除く)
・ディズニーホテルのスイートルームを優待価格で宿泊可能(下の図参照ください)

ディズニー好きな人にとっては、嬉しい特典といえますね。(クラブ33終了を除いては、、、)

 

ディズニーランドの秘密ラウンジ「クラブ33」利用サービス終了

JCBザ・クラスには多くの特典があるのですが、1つ残念なポイントがあります。

それは、

2019年7月をもって、ディズニーランドの秘密ラウンジ「クラブ33」への利用が終了になってしまったことです!

クラブ33とは?

東京ディズニーランド(TDL)にある会員専用レストラン

・クラブ33(Wikipedia)

・クラブ33(食べログ)

これは本当にショックです!!

 

実は、JCBザ・クラスを狙っていた目的の1つに、この「クラブ33」があったのですが、、、

やっと招待(インビテーション)が届いたのに、JCBザ・クラスを持っていても、もうクラブ33に入ることができなくなってしまいました、、

 

もっと早めにJCB一般カードに申込み、利用実績を積み重ねてJCBザ・クラスを取得するべきだったと後悔しています。

 

まとめ

個人的には「クラブ33」を利用でなくなったので、これ目当ての人にとっては、55,000円の年会費支払うほどの価値を見出すのは難しいかもしれないですね、、

 

ただ、そうはいっても、なかなか手に入れることのできないJCBザ・クラスのステータス性はかなり高いことに間違いありません!

 

まあ、エポスプラチナカードの年会費が20,000円をダウングレードすれば、年会費が無料になるので、その分をJCBザ・クラスの年会費のあてるかですね。

【エポスプラチナカード】5年使ったけどゴールドに切り替えを検討!

 

申し込む場合は、2020年1月15日までに郵送しなければならないので、もう少し吟味してみようと思います。

 

それではまた!!

 

追記:結果、JCBザ・クラスを手にしました!

【JCBザ・クラス】最速3年で取得!インビテーションの条件は?普通のサラリーマンでも可能!


JCB THE CLASS<ザ・クラス>を取得してステータスを高めよう!


JCB THE CLASS<ザ・クラス>年1回の極上ギフト!