【新登場】JCB カードS!最大22,000円のキャッシュバック
キャンペーン実施中!2024/3/31まで

【元が取れる】JCBザ・クラスの年会費は高い?おすすめな人とは?

※本記事はGoogleアドセンス及びアフィリエイト広告を利用しています。

悩む人
JCBザ・クラスの年会費は高いのかな?元は取れる?高い年会費を支払うだけの価値があるか心配。
くるパ
結論、JCBザ・クラスの年会費は高いけど、使い方次第で十分に元が取れます。
 
今回は、JCBザ・クラスを4年間保有している僕の視点から解説していきます。

後悔する?JCBザ・クラスのデメリット7つを保有者の視点から敢えて列挙してみた

【JCBザ・クラスのメリット】所有者が実際の体験を元に魅力を解説

【公式サイト】JCBゴールド

【公式サイト】JCBプラチナ

 

JCBカードの最高峰!JCBザ・クラスの年会費は?

JCBザ・クラスの年会費は下記の通りです。

年会費

  • JCBザ・クラス55,000円(税込)

年会費は年に1回の支払いとなり、月に換算すると約4,500円です。

参考までに、ブラックカードの年会費を記載しておきます。

その他ブラックカード年会費

  • アメックスセンチュリオンカード385,000円(税込)
  • ダイナースクラブ143,000円(税込)
  • スルガインフィニティカード132,000円(税込)

名だたるブラックカードは、さすがというべきか、年会費として持つにはかなり覚悟が必要ですね。

他のブラックカードと呼ばれているものと比較すると、JCBザ・クラスの年会費は比較的安い傾向にあるといえます。

 

年会費が発生するタイミングは?

ザ・クラスの年会費は先払いとなり、毎年4月の支払い時に引き落としされます。

 

ポイント還元率は通常0.5%〜5%

気になるポイント還元率は下記の通りです。

JCBザ・クラスのポイント還元率

  • ポイント還元率は0.5%〜5%
    ※最大還元率はJCB PREMO(or nanacoポイント)に交換した場合

利用次第で還元率は変わりますが、基本のJCBザ・クラスのポイント還元率は0.5%です。

スターメンバーズのメンバーランクによって基本還元率は変わります。例えば「ロイヤルαPLUS」の場合、0.85%となります。

一般的に、クレジットカードの還元率は1%から高還元率と言われていますから、ポイント還元率だけみるならそれほどお得なカードとはいえないですね。

ですが、JCBザ・クラスの魅了は別のところにあります。

 

JCBザ・クラスの年会費は元が取れるのか?

JCBザ・クラスの年会費は元が取れるのでしょうか?サービスに見合った価値はあるのでしょうか?

サービス特典を踏まえながらみていきます。

保有者の視点で価値を見出せる特典、ものとしては下記の通りです。

価値を感じる主な特典

  • ザ・クラス メンバーズ・セレクション
  • プライオリティ・パス
  • ディズニー・ユニバ特典(JCB専用ラウンジ)
  • JCBは日本で唯一の国際ブランド

 

ザ・クラス メンバーズ・セレクション

JCBザ・クラスの最大の特典はなんといっても、ザ・クラス メンバーズ・セレクションです。

毎年、パンフレットが届くのが非常に待ち遠しいです。

ザ・クラス メンバーズ・セレクションとは?

JCBが選び抜いた上質な商品から選ぶことができる、年に1回のスペシャルギフト

メンバーズ・セレクションは、金額的に2万円〜3万円の相当の品物が用意されています。

ここでにしか手に入らない限定品や限定色などがあったりします。

商品発送は注文してから約2週間くらいで自宅に届きます。

ザ・クラスの年会費が55,000円なので、品物にもよりますが、年会費の3割〜5割がメンバーズ・セレクションにあたります。

JCBメンセレ2023全ラインナップ紹介!ロイヤルα限定コース21品も豪華

【公式サイト】JCBゴールド

【公式サイト】JCBプラチナ

 

プライオリティ・パス

続いては、プライオティ・パスです。

プライオリティ・パスとは?

世界148カ国、600を超える都市にある1,300カ所以上のラウンジが利用可能

プライオリティ・パス公式HP

通常、プライオリティ・パスの会員になるには年会費を支払う必要があるのですが、クレジットカードの特典にてプライオリティ・パスを利用する場合は、年会費を支払う必要はありません。

 

プライオリティ・パスカードを発行することで、世界中の空港ラウンジが利用できますので、待ち時間を有効活用できます。

海外主張などのビジネス、海外旅行などのプライベート、いずれにしても持っておくと非常に便利なものです。

空港ラウンジでは、軽食、ドリンクサービスがあり、どれだけ利用しても無料です。

さらに、JCBザ・クラスの場合、同伴者1名まで無料という最強の特権付きです。

通常、クレジットカードのプライオリティ・パスは、会員本人は無料なのですが、同伴者は有料となる場合がほとんどです。

【JCBゴールド ザ・プレミア】プライオリティ・パスの同伴者は無料?ザ・クラスだけの特権

 

ディズニー・ユニバ特典(JCB専用ラウンジ)

JCBザ・クラスにおいてはディズニーやユニバ(USJ)特典がついていることも見逃せません。

JCB専用ラウンジとは?

東京ディズニーランド・ディズニーシー内、ユニバ(USJ)にあるJCB専用のラウンジです。ソファに座って、リラックスしながら無料でドリンクを飲むことができます。

ご存知でしたでしょうか?

知る人ぞ知るJCB専用ラウンジがディズニーやユニバにあります。JCBザ・クラスを持っている人限定のラウンジです。

JCBは東京ディズニーランドとディズニーシーのオフィシャルスポンサーであり、また、ユニバにも協賛しているため、下記アトラクションにラウンジが併設されております。

対象アトラクション

  • 東京ディズニーランド:スターツアーズ ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
  • 東京ディズニーシー:ニモ&フレンズ・シーライダー
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン:ザ・フライング・ダイナソー

ちなみに、ラウンジでは、休憩(ドリンクサービス等)とアトラクションの優先搭乗が可能になります。

休憩後、アトラクションにすぐ搭乗することができます。

ディズニーやユニバ好きにとっては最強のカードといえます。

ちなみに、ディズニーやユニバ特典でいえば、先ほどのザ・クラス メンバーズ・セレクションにて、パークチケット(ペア)もラインナップされているので見逃さないようにしましょう。

僕は、ディズニーもユニバともにメンバーズ・セレクションで無料のチケット手にして、利用したことがあります。

【JCBメンセレ】ディズニーパークチケット&フェイスタオルが届く

チケット以外にも、限定のグッズももらえます。

ディズニーやユニバ好きの方は、下記の特典コンボが使えます。

特典コンボ

  • メンバーズ・セレクションでパークチケット(ペア)を選択する
  • JCB専用ラウンジを予約して当日、利用する

上記により、無料でディズニーやユニバを楽しむことができます。

また、値段が高いのでなかなか利用する機会はないかもしれませんが、ディズニーホテル(ミラコスタなど)のスイートルームにて割引が入ります。

20%〜40%引きとなります。

特別な日に利用する場合は嬉しい特典です。

【ミラコスタ】オンラインチェックインが便利!カピターノの眺めは?

 

JCBは日本で唯一の国際ブランド

最後に、ザ・クラスの特典ではないのですが、別の視点からザ・クラスの価値をお伝えしていきます。

JCBは日本で唯一の国際ブランドなのをご存知でしょうか?

国際ブランドとは?

国際ブランドは世界で使えるクレジットカード。
代表的な国際ブランドは下記の通り。

・VISA
・Mastercard
・JCB
・American Express(アメリカン・エキスプレス)
・Diners Club(ダイナースクラブ)
・中国銀聯(ユニオンペイ)

JCBの世界的なシェアは1%とまだまだ海外で使えるカードしてはシェアが低いは事実です。ですが、日本国内に限れば、ほとんどのお店でJCBを使うことができます。

日本で唯一の国際ブランドあるJCBの最上位であるザ・クラスのステータスは抜群です。

ブラックカードを持ちたいと考えている人にとって、JCBザ・クラスは手頃でおすすめです。

 

 JCBザ・クラスがおすすめな人とは?

いかがでしたでしょうか。

最後に、JCBザ・クラスがおすすめな人についてまとめてみました。

下記に該当する方は、JCBザ・クラスに価値を見出せるはずですし、年会費の元を十分に取ることが可能です。

 

JCBザ・クラスがおすすめな人

  • 年に1回、必ずディズニーやユニバに行く人
  • ザ・クラス メンバーズ・セレクションが欲しい人
  • 海外旅行or海外出張に多く行く人
  • ブラックカードというステータスに憧れる人

それではまた!!

【レビュー】ザ・クラスカードでJCBグルメ・ベネフィットを利用

【公式サイト】JCBゴールド

【公式サイト】JCBプラチナ

ABOUT US

クレジットカードアドバイザー®︎
過去、クレジットカードのキャッシングなどを繰り返し、借金200万円ほど抱えるも、お金の管理を徹底し完済した経験を持つ!家計簿アプリのマネーフォワード MEを活用したお金の管理を得意とする。現在は「JCBザ・クラス」や「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム→プラチナエリート会員」「ラグジュアリーカードゴールド」といったステータスの高いクレカを手にできるまで信用が復活!実際のクレカ保有経験をもとに情報発信。クレジットカードの特典やポイントを使って、ディズニーやハワイ、ホテル宿泊をお得に楽しむことが大好き。