【マネーフォワード・使い方】QRコード決済より電子マネー向き!

スポンサーリンク

マネーフォワードでぼくは毎日お金の管理をしています。

本格的に利用し始めてから1年くらい経過しましたが、家計簿アプリが想像以上に便利でした!!

まだ「マネーフォワード ME」使ったことがない方は、無料版でも使えるので試してみるのもいいかもしれません。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)
マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

家計簿アプリを活用したことで、無駄遣いを抑えることができ、結果的に貯金が増えてきました。

【家計簿アプリ効果】マネーフォワードミーで無駄遣い激減・貯金増加

2019.11.24

ただ、すごく便利だと思っているマネーフォワードですが、もちろん完璧ではないですね。

「PayPay」や「楽天ペイ」などのQRコード決済との自動連携がない

使っていて一番不便に思うのが、今話題のQRコード決済との連携がほぼできないことです!!

個人的には、PayPay(ペイペイ)や楽天ペイを利用していきたいのですが、現時点では、マネーフォワードとPayPay・楽天ペイの連携がないようです!

QRコード決済は何かとポイント還元のメリットが大きいので、積極的に使っていきたいのですが、マネーフォワードで管理できない以上、あまり乗り気になれていない今日この頃です。

ネットでは、間接的にマネーフォワードとPayPayを連携させる方法もありましたが、個人的にはやはり、オフィシャルで連携してほしいなと願うばかりですね。※LINE Payは連携可能のです。

ということで、マネーフォワードでお金の管理をよりきっちりしたいなら、電子マネーが中心になりそうです。

【電子マネーとは】

現金を必要としないお金のこと。現金を持たずにスマホやカードで決済ができる

主なところでは、「nanaco」・「QUIC Pay(クイックペイ)」・「iD」・「楽天Edy」・「Suica」などがあります。

ぼくは、支払いのほとんどをスマホ決済していますが、そのうち7割くらいがApple Payで連携させているQUIC Payです。残り3割がモバイルSuicaって感じです。

【最強!Suica支払い・コンビニ】iPhoneに登録・チャージで便利に!

2019.11.28

もちろん、マネーフォワードと連携しています。基本的にQUIC Payはクレジットカード決済のため、マネーフォワードにクレジットカードを連携させればいいわけです。

マネーフォワードは連携先がかなり豊富にあるため、連携先がないといった問題はほとんどないと思っています。

ちなみに、マネーフォワードは、電子マネーだけでなく、銀行や証券、FX、年金、ポイントカード、携帯などなど幅広く連携させることが可能です。

マネーフォワード公式のサイトにある、下記リンクから確認してみてださい。

・対応金融関連サービス一覧

現時点で2,600以上の連携先があるので、マネーフォワードで資産管理が可能といえいます。(QRコード決済以外はですが、、、)

ほぼ自動化できるので資金管理が楽ちん!

スマホで家計簿とか面倒くさいように感じるかもしれません。

ぼくも最初はそう思っていましたが、もっと早くやっておけば良かったと今では思っています。

インターネットバンキング開設から銀行口座の連携など、最初の登録には多少手間は掛かりますが、一度連携させてしまえば、基本的にすべて自動で連携してくれるので楽ちんです。

連携したものにおいては「一括更新」ボタンをポチッと押せば勝手に最新の情報を更新してくれます。

銀行口座だけでなく、ポイントカードや、証券口座、年金などの確定拠出年金まで反映してくれるので、このうえなく便利だと思います。

以上、マネーフォワードはコード決済より電子マネーをよく使う人にとっては、すごく便利な家計簿アプリだと思っています。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)
マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク