普通の会社員である僕が【JCB THE CLASSザ・クラス(ブラックカード)】を入手できた方法はこちら!

カンボジア旅行を楽しむために現地通貨リエル(KHR)について知ろう

くるパー
どうも、くるくる天然パーマです。当ブログにアクセスいただきありがとうございます!

この記事では、私のカンボジア在住経験からカンボジアの通貨について解説していきます。

カンボジアの通貨ってなんだろう?あまりよくわからないなー、、

 

今回は、初めてカンボジアに旅行される方でもわかるようにまとめてみました。

それではいきましょう!!

 

カンボジアの現地通貨は「リエル」

リエル
まず、カンボジアの現地通貨は「リエル」(Riel)です。

現地通貨リエルには硬貨はなくお札のみとなります。

これは本当にありがたいですね。

よく海外に行くと現地の硬貨を使えきれず、日本に持ち帰ってしまって、どう処理したらいいか困ってしまうなどの煩わしさを伴うものですが、その心配が一切ありません。

カンボジアの通貨には硬貨がないので非常に扱いやすいです!

現地通貨のお札の種類としては次の通りです。

お札の種類
・100リエル
・500リエル
・1,000リエル
・2,000リエル
・5,000リエル
・10,000リエル

カンボジアでは10,000リエルが一番高いお札になります。

日本円換算だといくらか?

現地通貨はリエルだとわかったけど、日本円に換算したらいくらなの?

日本円換算としては次の通りです。

日本円換算
100リエル≒2.5円
500リエル≒12.5円
1,000リエル≒25円
2,000リエル≒50円
4,000リエル≒100円⇒1ドル札
5,000リエル≒125円
10,000リエル≒250円
※ ≒ニアリーイコールの意味

ということになります。

ミネラルウォーターは1,000リエル程度です。

また、現地のレストランで食べるのであれば、1人8,000リエル(2ドル)、200円で食事を楽しむことができます。

くるパー
カンボジアの物価は安いので、食事など安く済ませることができちゃいますよ。

 

カンボジアではUSドルが使えます!

カンボジアの現地通貨について簡単に説明しましたが、実は、USドルもカンボジアでは一般的に使われています。

 

まだまだ自国の通貨が強くないため、世界的に信用度の高いUSドルが使われている状況です。

2つの通貨が使えるとなると使いずらそうに思うかもしれませんが、慣れると意外と便利です。

ちなみに1ドル≒4,000リエルです。

これがベースとなりますので、先ほどもお伝えしたように、4,000リエルは日本円にして100円ということになります。

1ドル以下のおつりはリエルとなりますし、ドルで支払ってリエルでお釣りが返ってくることはよくあります!

 

USドルを使う場合の注意点!!

USドルで支払い場面で注意が必要です。

レストランなど支払い金額が大きい場合(10ドルを超える)は、10ドル札を使って全く問題ないのですが、支払い金額が少額の場合に、10ドル札などを平気で使うとかなり嫌な顔をされる場合があります。

特にバイクタクシー(トゥクトゥク)を使ったときに、おつりがないということもありますのでご注意ください。

なるべく1ドル札や5ドル札を多めに持っておくことをおすすめします。

また、USドルはリエルと同様お札だけが使えます。硬貨は使えません。

 

両替は市内にある両替所の方がレートが良い!

首都のプノンペンとシェムリアップの空港内にて両替ができます。

ただし、レートは市内の銀行とそれほど変わりません。

少しでもいいレートを求める場合は、市内にある両替所に行って両替することをおすすめします。

市内の両替所の写真を添付しておきます。

【市内両替所の外観】

レートは、空港やホテルよりいいですが両替所を探す必要があります。
(市内には至るところに両替所はあります)

鉄格子で囲われているので、なんとなくわかるかと思います。

ただ、初めてカンボジアに旅行される方は、少しレートが悪くても空港などで事前に両替しておく方が安心かもしれませんね。

日本国内では、円からリエルの両替はできないので注意!

事前に準備しておく場合、1点だけ注意が必要です。

日本国内では、円からリエルへの両替はできません!

カンボジアはUSドルが使えますから円からUSドルに両替していくことになります。

 

カンボジアはチップ制の国ではないですが、、

カンボジアはチップ制の国ではありません。

基本的にチップを渡さなくても問題ありませんし、渡さなかったからといって何か言われることはありません。

ただし、シェムリアップなどの観光地など、外国人観光客の多いエリアのホテル、飲食店などは少額のチップを渡すことがありますので、その際はチップを渡してあげるといいでしょう。

カンボジアに旅行する際に注意すべき5つのこと

まとめ

いかがでしたでしょうか。

カンボジアでは硬貨がないので煩わしさがなく、現地通貨に加えてドルが使えるのでかなり利便性が高いと言えます。

物価もそれほど高くないので現地で贅沢するのでなければ、かなり格安で旅行を楽しむことができます!

現地通貨を理解することは、旅行を楽しむうえで必須条件となります。

事前に理解して旅行を楽しみたいですね。

以上、カンボジアのお金に関してでした。
旅のご参考にしてみてくださいね。

それでは良い旅を!