カンボジア旅行を楽しむために現地通貨リエル(KHR)について知ろう!!

スポンサーリンク

海外旅行する際、まず第一にお金のことを考えますよね。

なんの通貨使っているんだろう?為替レートは?

ある程度メジャーな国でしたら、なんとなく想像ついたり、知っていたりするものですが、カンボジアとなると・・・

そこで今回はちょっと謎に包まれているカンボジアの通貨についてご説明してみますね。

カンボジアの現地通貨はリエル(KHR)

カンボジアの現地通貨はリエルというものになります。
リエル海外の硬貨ってあまり利便性を感じないですよね。その点、カンボジアの通貨には硬貨がないので非常に扱いやすいです。

現地通貨は100リエル、500リエル、1,000リエル、2,000リエル、5,000リエル、10,000リエルです。

カンボジアではドル(USD)が使える

カンボジアの現地通貨であるリエル(KHR)は、まだ信用度が高くなく、米ドル(USD)が使えます。そう、現地通貨とアメリカ紙幣が混在している状態なのです。ですので、ドル支払ってリエルでお釣りが返ってくることは普通にあります。

ただ、ドルが使えるからといって、10ドル札をいきなり出すとかなり嫌がられますので、ご注意ください。細かいお金で支払うのがマナーです。

スポンサーリンク

日本円にしていくらか!?

現地通貨はリエルだと知ったけれど、日本円にしていくらかなのか気になるところです。ドル換算でみた方がわかりやすくなります。
※1ドル=100円と仮定しています。

1ドル=4,000リエル
これがベースとなりますので、4,000リエルは日本円にして100円ということになります。

100リエル=2.5円
500リエル=12.5円
1,000リエル=25円
2,000リエル=50円
5,000リエル=125円
10,000リエル=250円

ということになります。

余談ですが、ミネラルウォーターは1,000リエル程度ですので、25円で買えます。また、現地のレストランで食べるのであれば、1人8,000リエル(2ドル)、200円で食事を楽しむことができます。

まとめ

カンボジアでは、硬貨がないので煩わしさがなく、現地通貨に加えてドルが使えるのでかなり利便性が高いと言えます。

物価もそれほど高くないので、現地で贅沢するのでなければ、かなり格安で旅行を楽しむことができます。

ちなみに、カンボジアはチップというものがありませんので、渡す必要はありません・・・
現地通貨を理解することは、旅行を楽しむうえで必須条件となります。事前に現地通貨を理解して旅行を楽しみたいですね。バカンス

スポンサーリンク