普通の会社員である僕が【JCB THE CLASSザ・クラス(ブラックカード)】を入手できた方法はこちら!

カンボジアは英語が通じるの?いやいや日本より通じますよ!

Welcome sign on the road to Angkor Wat in Siem Reap. UNESCO Heritage site in Cambodia
スポンサーリンク

これからカンボジア旅行に行こうと思っている方で、楽しみな一方で、いろいろと不安がありますよね?

 

カンボジアは発展途上国であるため、衛生面だったり、病気だったり、気になることがたくさん!!

 

で、特に旅行で心配なのが、言葉が通じるのかどうかですよね?

何か問題が起こっても、言葉さえ通じればなんとかなります!!

 

でも、カンボジアの言語って、、、、、?

 

 

はい、まず、

 

現地語はクメール語になります!

 

クメール語?なんじゃそりゃって感じですよね?(笑)

 

さすがにそんなに馴染みのない言語を覚えていくのはハードルが高いです、、、、

 

せめて英語が通じればなんとかコミュニケーションが図れるはずです。

 

でも、カンボジアの英語事情は実際どうなのでしょうか。

 

今回は、カンボジアでは英語が通じるのかどうかについて触れていこうと思います。

 

カンボジアで英語は通じるの??

結論から言うと、カンボジアの観光地ではほぼ英語が通じると思って問題ないと思います。

当然、ホテル、ゲストハウスの宿泊施設では問題なく通じます!

 

カンボジア経済に欠かせないのが観光業でもあるため、英語が話せないとかなり問題が発生してしまいます!

 

意外かもしれませんが、カンボジアには非常に多くの欧米人が住んでいたり、毎年バカンスで多くの外国人観光客が訪れています!

 

また、カンボジアはフランスの植民地だったということもあり、東南アジアではありますが欧米的な要素を随所に感じる国でもあります。

 

近年、急速な経済発展に伴い、外資系企業も多くカンボジアに参入してきているので、ビジネスの現場では英語でやりとりされています!

公用語はクメール語ですが、日本語より英語に近い言語であるため、日本人ほど英語に対して抵抗がありません。

 

カンボジアでは、英語が話せることで収入を大きく増やすチャンスが広がります!!

 

経済発展してきているとはいえ、一人あたりの平均所得はまだまだ低いですから、英語は所得を増やすうえで必須のスキルなのです。

 

このような背景もあって、カンボジアでは英語を話せる人が多いのです。

 

アンコールワットがあるシェムリアップでも問題なく通じる

カンボジア一の観光スポットであるアンコールワットですが、シェムリアップというところにあります。

 

当然シェムリアップでも英語が通じます!

スポンサーリンク

 

トゥクトゥクという東南アジアではお馴染みの三輪タクシーでアンコールワットに行くことが多いのですが、そんなトゥクの運転手もペラペラではないですが英語が通じます。

 

だから英語が得意な方であれば、比較的安心して旅行することができます。

 

首都のプノンペンは英語が通じるのか?

カンボジアではアンコールワットが有名すぎて、あまり注目されない首都のプノンペンですが、とても素敵な都市なんです。

オシャレなお店も多いですし、最近ではカフェが多く出店してきています!

【最高】カンボジアのスタバリザーブ店!日本のスタバより快適?

 

経済発展を一番に感じるのが首都のプノンペンです!

 

日本の企業も注目し始めています。

2014年6月30日にオープンしたカンボジアの「イオンモールプノンペン」を視察してみた

 

今現在、いろんな商業施設が建設ラッシュ中でもあります。

 

なので、これからますます英語の需要が増えてくるかと思います。

 

地方でも英語は通じるのか?

観光地・首都では英語が通じるのはお伝えした通りですが、地方ではどうなのでしょうか?

 

旅行で地方なんて行かないよ」と言わず、一応カンボジアのことを知るという意味でお付き合いください、、、

 

カンボジアの地方に住んでいたぼくの経験からすると、地方でも英語はそれなりに通じます。



ただ、村は別です!現地語のクメール語しか通じません!

 

ぼくが話すクメール語は、日本語訛りが強いせいもあるのですが、村に行くときは、同僚のカンボジア人に、いつも通訳してもらってました。

クメール語からクメール語の翻訳です、、、

クメール語は難しいのか?取得するにはどれくらい時間が掛かる?

 

それはさておき、観光地や首都ほどではないですが、地方でも英語がある程度通じます。

 

カンボジアの地方は貧しいですが、学校とは 別に、英語教室に習いごとに行くこどもたちが多くいました。

英語が話せることで、地方の銀行に就職できる可能性がありますし、場合によってはプノンペンで働き口を見つけることもできます!

また、日本のNGOもありますから、英語が話せることで雇ってもらいやすくなります。

 

地方ではあまり仕事がありませんから、首都に出稼ぎに行く人も少なくありません。英語ができることで、地方で比較的収入の良い仕事につける可能性が出てくるわけです。

 

何度もお伝えしている通り、カンボジアでは特に英語ができることで収入アップに大きく影響を与えています。

 

そのため、英語が通じるのは、観光地や首都だけに限ったことではないですね!

 

まとめ

カンボジアは日本より英語が通じる国だと思います!

 

日本では、英語ができなくても生活に困らないし、収入アップの方法は他にもいくらでもあります。

 

でも、カンボジアは違います!

 

英語が話せないと貧困から抜け出すのが難しいのです!

 

だから、日本より英語を話せる人が多くて当然なのかもしれません。

 

それではまた!!


JCB THE CLASS<ザ・クラス>を取得してステータスを高めよう!


JCB THE CLASS<ザ・クラス>年1回の極上ギフト!