普通の会社員である僕が【JCB THE CLASSザ・クラス(ブラックカード)】を入手できた方法はこちら!

【イモトのWi-Fi・レビュー】便利すぎてカンボジアで使い倒した

カンボジアはあちこちに無料のWi-Fiスポットがあるので、海外専用のWi-Fiルーターをレンタルする必要ないとずっと思っていたのですが、今回、久々のカンボジア旅行だったということもあり、試しに持って行ってみることにしました。

 

その結果、自分が想像していた以上にものすごく便利でした!

 

正直、ちょっと調べ物をしたいときに使うくらいと思っていたのですが、カンボジア旅行中は常にWi-Fiを接続しっぱなしにしていました。(笑)

 

結論、絶対に持っていった方がいいです!!

 

その理由については、このあと触れていきますね!

 

今回は「イモトのWi-Fi」をレンタルし、実際に使ってみたレビューです!

 

これからカンボジア旅行される際の参考になればと思います!

 

Wi-Fiレンタルとは?

イモトのWi-Fiレビューする前に、そもそもWi-Fiレンタルって何?という方のために!

Wi-Fiレンタルとは?
海外でも日本と同じようにスマホやタブレットなどでインターネットに接続できるようにするためのWi-Fi機器(ルーター)のレンタルサービスのこと

 

スマホやタブレットとは別に、Wi-Fi機器(ルーター)をレンタルして一緒に持っていき、現地にてスマホやタブレットにWi-Fi接続することで、インターネットを利用することができます!

 

定額制なので追加で料金が発生することはありません!

 

「イモトのWi-Fi」とは?

今回借りたイモトのWi-Fiについてです。

様々な会社からWi-Fiレンタルサービスがあり、イモトのWi-Fiもそのうちの1つです!

 

 

イモトのWi-Fiは名前にある通り、イッテQでお馴染みのイモトアヤコさんがイメージキャラクターを務めています。

 

イモトのWi-Fiの公式サイトにて、説明がありましたので載せておきます。

イモトのWiFiは、世界各地を旅するイモトアヤコも利用している海外用ポケットWiFiのレンタルサービスです。世界200カ国以上の国と地域でインターネットが使えます。

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

 

世界200カ国以上ってすごいですね!

 

外務省のサイトでは、世界の国の数が196カ国(平成27年度時点)あるそうです。

あれ、、、、外務省の数値の国を超えちゃってる(笑)

 

まあ、そんなことはどうでもいいですね、、、

 

つまり、

世界中のほとんどの国で利用することができるということですね!

 

これさえわかればなんでもOKです!!

 

なぜ今回「イモトのWi-Fi」を選んだのか?

今回、カンボジアに2泊4日(1泊機中泊)という弾丸で行ってきたのですが、イモトのWi-Fiを利用してみることにしました。

 

で、なぜイモトのWi-Fiを選んだのかというと、海外専用のWi-Fiレンタルサービスがいろいろありすぎて、わけがわからなくなったからです。(笑)

 

で、「世界の果てまでイッテQ」は大好きな番組ですし、すごく安心感があったのでイモトのWi-Fiにしました!

はい、単純です。(笑)

 

あと50%OFF(2020年1月時点)とレンタル料金が安くなっていたので、、、

 

 

Wi-Fiは使うサービス(会社)によって料金が多少変わります。

 

飛行機代や現地の宿泊費用にお金を掛けすぎたから、他にはあまりお金を使いたくない!って方は、しっかりと料金を見比べて安いWi-Fiをレンタルするのがいいと思います。

 

ただ、個人的には料金よりも、現地でどれくらい使うのかをしっかりと検討して、それに見合うサービスを選ぶのが一番だと思っています!

 

例えばですが、

 

Wi-Fiの通信速度は、3Gでいいのか、4Gじゃないと困るのか?

1日の使用するWi-Fiの通信容量に制限をかけるのか、無制限の使い放題プランにするのか?

 

といったことです。

 

お金をケチりすぎて、現地で思うようにネットが使えず、後悔してしまうなんてことは避けたいですからね!

 

「イモトのWi-Fi」をレンタルする手順まとめ!

ここからは、実際にぼくが借りた手順を説明していきます。

 

基本的には、サイトにログインし、「申込み画面」から画面に従って手順通りに入力していけばOKです。難しいことはありません。

 

10分程度で予約完了できます!

 

ここではポイントだけ少し触れていきます。

 

イモトのWi-Fiのレンタル手順は、大きく3つのStepになっています。

3つのStep
・Step1:申込内容の選択
・Step2:申込者情報の入力
・Step3:申込内容の確認

です。

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

 

それではみていきましょう!

 

Step1:申込内容の選択

Step1:申込内容の選択

①渡航期間
②渡航する国数
③利用国・地域を選ぶ
④補償を選ぶ
⑤オプションを選ぶ
⑥受取方法を選ぶ
⑦返却方法を選ぶ
⑧支払方法を選ぶ

申込内容の選択では、①~⑧の順番で入力していきます。

ここでのポイントは、
③利用国・地域 ⑥受取方法 ⑦返却方法です!

 

それでは順にみていきましょう。

 

まず、③利用国・地域を選ぶでは、渡航先の国を指定したあと、「Wi-Fiの通信速度」「Wi-Fiの通信容量」を選択する画面に移ります。

「Wi-Fiの通信速度」は、なるべくなら「4G/LTE」を選択しましょう。3Gは正直かなりきついです、、接続が遅くストレスを感じます!

 

続いて、「Wi-Fiの通信容量」ですが、こちらもなるべく「無制限」にすることをおすすめします!

 

「無制限」は「大容量」に比べて800円高いですが、この料金で使い放題の方がコスパはいいと思います!

「大容量」だと1日で使えるのが、500MB(メガバイト)しか使えません、、、

ちょっとした調べものであれば、なんとかなるレベルですが、海外でネットに接続できないのは、かなり不安のはず、、、

 

なので、「無制限」をおすすめします!

ぼくもかなり迷いましたが、容量が足りなかったら嫌だったので「無制限」を選択しました。

 

結果は大正解でした!

 

海外では何かとネットに接続したくなるはずです。あくまでご参考程度に!

 

続いて、⑥受取方法についてですが、「空港で受取」・「宅配で受取」・「東京本社で受取」の3つがあります。

この3つのうち、「東京本社で受取」を選択すると受渡手数料が無料となります!

 

エスコムグローバル株式会社が提供しているサービスのため、ここの本社に直接受け取りに行くことになります!

 

ちなみに場所は、渋谷スクランブルスクエア26階にあります!

渋谷なので、アクセスの都合が良ければ、本社に取りにいくのもありかもしれません。

 

ぼくは、東京在住者じゃないため、無理でした!

 

で、残りの2つですが、

「空港で受取」と「宅配で受取」はどちらも受渡手数料が500円かかります!

 

ぼくは、迷いましたが「宅配で受取」を選択しました。

 

ちなみに、「宅配で受取」を選択すると受取日によって料金が発生するので注意が必要です!

ぼくは、1/10出発だったため、前日の1/9は無料でした!

 

出発日の前日より前に受けとる場合は、1日450円が追加で発生していきます!

 

出発の4日前になると、なんと1,350円の追加料金が、、、

早めにもらう方が安心感はありますが、ぼくは前日に受け取りました。なので、無料!

 

最後に⑤返却方法ですが、「空港で返却」・「宅配で返却」・「東京本社で返却」の3つがありますが、「空港で返却」が一番楽でおすすめです!※返却方法はのちほど触れます。

「宅配で返却」はなるべく選ばないようにしましょう。自己負担(1台あたり1,000+税)になりますので、、、

 

Step1で注意すべき点は以上です。

※ちなみに④補償では、ぼくは何も加入しませんでした。心配な方はしっかりと選んでおいてくださいね。あと、⑤オプションも何も追加していません。

 

Step2:申込者情報の入力

続いてSrep2では、自分の情報を入力していきます。

Step2:申込者情報の入力

・個人情報の入力(名前・メールアドレス・携帯電話番号・住所・生年月日など)

画面に従い、必要な情報を入力するだけです。

 

Step3:申込内容の確認

Step3:申込内容の確認
・申込内容の確認(料金など)

最後は申込内容の確認だけです。

 

以上で、レンタルの手続きは終了です。

 

ぼくが申込みした内容!料金は?

ぼくが申し込んだ内容をご紹介します。

 

レンタル金額は、3,710円でした!

 

4G使い放題でこの値段であれば、かなりお得ですね!!

 

帰国してから、数日後に領収書がメールで届きました。

 

定額制なので、追加料金は発生しないのも安心ですね!

 

自宅にWi-Fiが届いたら中身の確認!

ネットで申し込み完了後、指定の日にちでイモトのWi-Fiが届きました。イモトアヤコさんのメッセージつきでした!

 

まず届いたら、中身の確認です。

イモトのWi-Fi同梱物

・Wi-Fiルーター
・充電プラグ
・充電ケーブル
・タイプCプラグ
・マルチプラグ
・説明書

各1つずつ入っています。

Wi-Fiルーターの電源が入ることを確認しておきましょう!

一応充電されている状態だと思いますが、心配であれば充電しておきましょう。※出発当日持って行くのを忘れないように!!

 

カンボジア旅行に「イモトのWi-Fi」を持って行ったら超便利だった!

現地についたら、さっそく電源を入れて、Wi-Fiに接続しましょう!

接続する方法は簡単です。

1分も掛かりません!

 

現地でWi-Fiに接続する方法!

Wi-Fiルーターの電源をオンにします!※電源はWi-Fiルーターの底面にあります。

次に接続したい端末(スマホなど)のWi-Fiをオンにします!

あとは、Wi-Fiルーターにシールで貼ってある「SSID:******」がスマホのWi-Fi一覧に表示されるはずです。

それを選択して、同じくシールに貼ってある「PW:*******」を入力したら接続できます!

 

トゥクトゥクの移動中もWi-Fiに繋げて現在値を確かめる!

カンボジアでは、移動の交通手段に「トゥクトゥク」という乗り物を一般的に利用します。

この時に、Wi-Fiでネットが接続できているとかなり便利です。

 

といのも、今、アプリを使って、トゥクトゥクを呼ぶことができるんです!

これが超絶便利です!

そのアプリや使い方に関しては、こちらの記事で詳しく書いているので参考にしてみてください!

【PassApp・使い方】カンボジアのおすすめタクシー配車アプリのメリット・デメリット!

 

トゥクトゥクで移動中も、自分がどこを走っているのかネットに繋がっていれば、アプリで確認できるため非常に安心です。

 

 

Wi-Fiに接続して、現在値を確認できる!

 

「イモトのWi-Fi」は4G無制限のものを使おう!

トゥクトゥクなどの移動中も接続しっぱなしにするので、容量はそれなりに使います。

それ以外にも、観光スポットなどの調べたり、おすすめのショップを探したりと、様々な場面でネットは使うことになります。

 

先ほどもお伝えした通り、4G無制限にしておいて損はしません!

 

海外では何が起きるかわかりませんからね、、

 

備えあれば憂いなしです!

Wi-Fiのおかげで、いろいろな観光地に問題なく行くことができました!

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

 

【王宮】

 

【ワットプノン】

 

【国立博物館】

 

帰りの空港で出発するぎりぎりまで使い続けた!

そんなこんなで、帰りの空港でも充電しながらWi-Fiに接続して使っていました。いやー本気で使い倒しましたね、、

【成田→プノンペン】実際のフライト時間は?大阪在住者がANA直行便を利用してみた!

 

現地でWi-Fiルーターを使う際の注意点!!

イモトのWi-Fiはめちゃくちゃ便利だったのですが、実際にカンボジアで使ってみてここは注意が必要だと思ったところもあるので、お伝えします。

注意点は次の2つだけ!

注意点

・接続し続けると電池が1日もたない

・ずっと接続し続けたら、通信障害が起きて一時使えなかった

どちらも、Wi-Fiをフル活用したことで発生した問題です。(笑)

 

まず、ずっと接続し続けるとぼくの場合はもって半日でした!

 

充電が切れたら、その都度、ホテルに戻って充電するという非効率なことをしてしまいました、、、

 

また、1回だけですが、接続し続けたら、通信障害が起こってWi-Fiが接続できなくなりました、、通信容量は無制限だったのに、、

 

なので、使うときだけWi-Fiに接続することをおすすめします!

カンボジアの治安は悪いのか?スリやひったくりなどの注意事項まとめ

 

「イモトのWi-Fi」を返却する方法!

最後に、Wi-Fiルーターの返却です。

 

借りる際に、「空港で返却」を選択しましたので、成田空港で返却をしました。

 

空港返却が一番楽でおすすめですよ!

 

帰国して空港着いてしまえば、使うことはありませんからね。

空港で返却しましょう!

 

ぼくは、成田の第一ターミナルで返却しました。返却場所は、北ウイング。

 

帰国した際、南ウイングの到着だったので、北ウイングまで歩きました。南ウイングから北ウイングまで5分程度で着きます。

 

イモトのWi-Fiのカウンターを発見しました!

 

カウンターの横に、青色のボックスがあります。ここの返却BOXに返すだけです。以上、終了!めっちゃ楽です!

 

おまけ:【カンボジアのWi-Fi事情】安全性は大丈夫なのか?

最後にカンボジアのWi-Fi事情について簡単に触れておきます!

 

カンボジアは、カフェや飲食店、ショッピングセンターでも無料Wi-Fiがあって繋がります!

 

回線速度は、場所や時間帯など様々な影響によもよりますが、まあまあいったところです。

場合によっては、遅く少しストレスがかかるかもです。

 

カンボジアのWi-Fi環境はかなり前からすすんでおり、どこでも接続できるので使い勝手はそれほど悪くありません。

 

外国人観光客からすれば、日本よりもカンボジアの方がインターネットにすぐ接続できる環境は整っているので、観光しやすいと思います。

 

当然、ホテルやゲストハウスといった宿泊施設では、Wi-Fiはかならずといっていいほどあります。

 

なので、最悪、海外で使えるWi-Fiをレンタルし忘れても、どうにかなります!(笑)

 

1つ懸念点があるとすれば、無料Wi-Fiを使うことによるセキュリティー面で不安があることです!

 

いずれにしても、観光地の移動中や遺跡の中とかではWi-Fiは接続できませんので、レンタルしたほうがいいとは思います!

カンボジアのWi-Fi環境は?安全性は大丈夫?

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

以上です。

 

それでは、カンボジア旅行を楽しんでくださいね!!