カンボジアに旅行する際、知っておきたい5つの移動手段

スポンサーリンク

カンボジアでの移動手段は!?

カンボジアで真っ先に思い浮かべるのは、”アンコールワット”ではないでしょうか。
一度は、訪れてみたいですよね。

アンコールワットを見るためにカンボジアに行く方も多いのでは。

もちろん、カンボジアにはアンコールワットだけではなく、他にも観光する場所はたくさんあります。その際、考えるのが移動手段です。

カンボジアの移動手段は何があるの!?
と疑問に思う方も多いはず・・・

そこで今回は、カンボジアでの旅行の際に、役立つ移動手段についてまとめてみました。

カンボジアでの移動手段は大きく分けて5つ

カンボジアはそれほど国土の広い国ではありません(日本の国土の1/2弱)。

それでも首都のプノンペンから、アンコールワットのあるシェムリアップまではかなり遠いです。距離にして300キロ以上はあります。

まず、カンボジアには鉄道がありませんのでご注意を。
インフラがまだ十分に整っていないんですよね。

カンボジアの主な移動手段は5つです。

トゥクトゥク、バイク、タクシー、トゥーリー、バス

距離別の最適な乗り物(左側がお勧め)

近距離
トゥクトゥク>バイク

中距離
バス>タクシー>トゥーリー

遠距離
バス>タクシー>トゥーリー

それぞれ見ていきましょう。

1.トゥクトゥク

トゥクトゥク

カンボジアで一番メジャーな乗り物です。
町の至るところに、トゥクトゥクを見かけます。

近距離の移動であれば、これほど便利な乗り物はありません。
日本にも欲しい乗り物です。

◼️メリット
・価格が安い
1キロ以内であれば、2ドルほど。

・乗り心地が良い
ドアがなく、風が気持ち良い。

・小回りがきく
近道であれば逆走をしてでも、最短距離で目的地に到着してくれる。

◼️デメリット
・安全面
平気で逆走するので少し怖い。
スピードが遅く、ドアがないため完全無防備。

 

2.バイク

モトードップ

バイクの後ろに乗って移動します。

◼️メリット
・価格が安い。
トゥクトゥクよりも安いです。
1キロ以内であれば1ドルほど。

◼️デメリット
・安全面
プノンペンは規制が厳しくなってきておりますが、ヘルメット
を被らないので、危険。

個人的にはお勧めしないです。近場はなるべくトゥクトゥクで移動した方が良さそうです。

スポンサーリンク

3.タクシー

タクシー

◼️メリット

・出発すれば一番早く目的地に辿りつける

◼️デメリット
・車内温度
基本的に冷房ガンガンなので、ものすごく寒い。
乗る際は、羽織るものが必要。

・乗り合い
セダンタイプで普通は5人が限界ですが、運転席に2人、助手席に2人。後部座席4人なので、合計で8人乗り。
かなりきついです。

・出発時間が曖昧
基本的にお客さんが7人揃ってからでないと出発しないので、出発時間がわからない。

・安全面
スピードをかなり出すので、事故が怖い。しかも道路は対面通行なのに、遅い車を反対車線から追い越すので危険極まりない。

私は、首都のプノンペンに行く際に、よく乗っていましたが、旅行で行く際にはあまり使わない方が良さそうです。

4.トゥーリー

トゥーリー

トヨタのハイエースのような車に乗り込みます。

◼️メリット
・特になし
強いて言えば、タクシーよりは価格が安い。

◼️デメリット
・乗る人数が半端ではない
荷物も人も乗るので、身動きが取れないくらいになる。
20近くは普通に乗る。

・出発時間が遅い
これまた、タクシーと同じで、ある程度の人数が揃うまで出発しない。タクシーよりも乗車人数が多いため、なかなか揃わない。しかも、お客さんを奪い合うのでかなり非効率。

・車内環境
最悪。
基本的にボロいので、冷房がきかず、かなり暑い。
人もパンパンなため、慣れないとすぐ体調不良に陥る。

5つの乗り物中で、一番乗りたくないですね。

5.バス

カンボジア バス

なんだかんだ安定のバス。
しかし、問題も・・・

◼️メリット
・一番安全な乗り物
5つの乗り物に比べたら一番安全。

・出発時間が明確
出発時間が決まっているので、多少のズレはあっても許容範囲内。

◼️デメリット

・すぐ故障する
高確率でバスは止まる。その場で直ることもあるが、直らない場合は、バス会社が手配する代替のバスを待つ。しかし、数時間は来ない。その場合は、ヒッチハイク。

故障さえ、なければ全く問題ないんですけどね。

簡単に、カンボジアの移動手段について書きましたので、何かの参考になればと思います。

最後に料金に関してですが、観光客から多めに取ろうとします。
バスだけが全員共通価格ですが、それ以外の乗り物はぼったくられます。少し注意が必要ですね。]]>

スポンサーリンク