クレジットカードの階層は?ステータスの高いクレカの条件

保有者が解説!30代以上おすすめステータスクレカ【クレカの階層】

 

ステータス性の高いクレジットカードを手にしたい!

そんなあなたに向けて、ステータス性の高いクレジットカードをご紹介していきます。

 

ステータス性の高いクレカとは?条件はコレ

そもそもステータス性の高いクレジットカードとはどういうものでしょうか。

 

【クレジットカードの階層】

 

クレジットカードは、一般的に上記のような階層になっております。

上にいくほどステータスも高くなります。カードランクの最上位は「ブラックカード」です。

 

明確な定義こそないものの、以下の条件に該当すればステータス性が高いといえます。

 

ステータス性の高いクレジットカード3つの条件

  • 条件1:年会費が発生する(ゴールドカード以上)
  • 条件2:プロパーカードである
  • 条件3:インビテーション(招待)が必須

 

つまり、ステータス性の高いクレジットカードとは、これら3つの条件を満たしている入手難易度の高いカードということになります。

 

条件1:年会費が発生する(ゴールドカード以上)

条件の1つ目は年会費です。

ステータスの高いクレジットカードには必ず年会費が発生します。

年会費無料のカードではステータス性の高いカードとは言えません。

なぜなら、年会費を支払うことで、それ相応の補償内容や特典、サービスレベルの品質が必然的に上がるからです。

 

条件2:プロパーカードである

続いての条件としては、プロパーカードであることです。

クレジットカードには、「プロパーカード」と「提携カード」に大別されます。

プロパーカードとは?提携カードとの違い

プロパーカードとは、大まかにいえば、クレジットカードの国際ブランドやクレジットカードの発行会社が独自に発行しているクレジットカードのことを指します。

・クレジットカードの国際ブランドとは?世界5大ブランドの特徴を紹介

提携カードとは、カード会社と国際ブランドに加えて、第三者的な企業が提携会社となって発行するクレジットカードのことです。

出典:三井住友カード

 

プロパーカードの上位カード(ゴールドカード・プラチナカード)は、ステータス性の高いカードが多いです。よって、プロパーカードを保有していることが必然的にステータスに繋がっていきます。

プロパーカードで利用実績を積み重ねていきましょう。

 

語弊のないようにお伝えしますが、決して提携カードが悪いわけではありません。あくまで本記事ではステータス性の高さにフォーカスしているだけです。

提携カードには、提携先のポイントなど特典をうまく活用することができるため、ライフスタイルに合わせて保有することは賢いカードの使い方といえます。

 

条件3:インビテーション(招待)が必須

最後の条件は、インビテーション(招待)です。

カード会社に直接申し込みをして手にすることができないカードです。

 

カード会社にこの人なら上位カードを持たせても良いと見込まれた人だけに、インビテーション(招待)が発行される仕組みです。

簡単に入手できないので希少性が高いです。

 

インビテーション(招待)を受けるポイント

  • 過去数年、支払いの滞納や延滞がない
  • 年間の利用額が多い(年間50万円、100万円以上の決済)
  • 社会的地位の高い職業についているor平均以上に高い年収を得ている

 

あくまで、上記は目安でしかありません。

各カード会社にてインビテーション(招待)発行の基準はありますが、一般に公開されておりません。

 

社会的地位や年収はどうしようもない部分がありますが、支払いの滞納や延滞がないこと、年間の利用額達成は、多くの人でもクリアできます。

 

今は、キャッシュレスの時代です。クレジットカードでまとめて決済すれば、普通に生活するだけで年間50万円以上は余裕で達成することが可能です。

また、クレジットカードの引き落とし日には細心の注意を払い、予め多めに金額を口座に入れておき、引き落としができないなんてことは絶対に避けましょう。

僕の実際の体験からしても、上記2点のポイントをクリアするだけで、確実にインビテーション(招待)が届くチャンスはあがります。

 

ステータス性の高いカードを持つメリット

では、そうしたステータス性の高いクレカを持つことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ステータス性高いカードを持つメリット

  • 社会的信用度の高さを証明できる
  • ローンや借入がしやすくなる
  • サービス・補償内容が充実している

 

社会的信用度の高さを証明できる

ステータス性の高いクレジットカードを保有することで、客観的に社会的信用度の高さを証明することができます。

なぜなら、信用力の高い人だからこそ、ステータス性の高いクレジットカードを保有できるという裏返しの意味になるからです。

 

ローンや借入がしやすくなる

社会的信用度の高さに繋がることで主に恩恵を受けるのは、車や住宅ローンなどの審査が通りやすくなることです。

車や家を買うべきかの是非はさておき、購入する場面では、多くの人はローンを組むことになります。

社会的に信用が低い人は、ローンの審査に落ちやすく、思い通りのライフプランを描けなくなることがあります。

 

多方面から信用度は測られますが、クレジットカードの利用実績(保有ステータス)は信用情報として記録されます。

・CIC(信用情報)

クレジットカードの上位ランクカードを保有している時点で、信用度のある人の証明になるため、ローンの審査は通りやすくなります。

また、他の上位ステータスのクレジットカードの審査も通りやすくなるというメリットもあります。

 

サービス・補償内容が充実している

海外旅行や出張など多い場合にも威力を発揮します。

ステータス性の高いクレカは旅行保険の補償内容が充実している場合がほとんどです。

また、空港ラウンジの利用など嬉しいサービスを享受することが可能です。

【JCBゴールド ザ・プレミア】プライオリティ・パスの同伴者は無料?ザ・クラスだけの特権

【ブラックカード】クレジットカードの最高峰

続いて、ステータス性の高いクレジットカードを紹介するうえで、最上位ランクの「ブラックカード」にも触れておきます。

ブラックカードの明確な定義はありませんが、世間的に認識されている「ブラックカード」をご紹介いたします。

※ステータス性の高いカード3つの条件をすべて満たしています。

 

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

「ブラックカード」といえば、コレ。

「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」です。

ブラックカードの由来は、このアメックスが発行したカードの色が黒色だったことでそう呼ばれました。

 

入手方法は非公開です。カード会社に選ばれた人だけが持つことが可能です(インビテーション)。

 

年会費(税込) 385,000円(入会金550,000円)
国際ブランド アメリカン・エキスプレス

ダイナースクラブ プレミアムカード

「ダイナースクラブ プレミアムカード」は、ダイナースクラブ発行の「ブラックカード」です。

アメックスのセンチュリオンカードに次いでブラックカードの呼び名が高いカードです。

 

入手方法は非公開です。カード会社に選ばれた人だけが持つことが可能です(インビテーション)。

年会費(税込) 143,000円
国際ブランド ダイナースクラブ

ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンド

「ラグジュアリーカード ブラックダイヤモンド」は、マスターカードの中で最上位のクレジットカードです。

年会費と入会金を合わせると、初年度の176万円かかるという、持つ人を選ぶクレジットカードです。

 

入手方法は非公開です。カード会社に選ばれた人だけが持つことが可能です(インビテーション)。

 

年会費(税込) 660,000円(入会金1,100,000円)
国際ブランド マスターカード

JCBザ・クラス

「JCBザ・クラス」は、日本で唯一の国際ブランドであるJCBが発行する「ブラックカード」です。

JCBザ・クラスがブラックカードなのかは、マニアの中でも意見が分かれるところではありますが、JCBプラチナカードがあり、そのうえに位置付けられているので、本記事ではブラックカードとして紹介いたします。

 

入手方法は非公開です。カード会社に選ばれた人だけが持つことが可能です(インビテーション)。

 

年会費(税込) 55,000円
国際ブランド ジェーシービー

保有者が解説!直接申込可能な30代以上おすすめクレカ

続いて、保有者の視点から、30代以上の方のおすすめのステータスクレカを紹介していきます。

すべて直接申し込み可能です。

 

ラグジュアリーカードゴールド

ラグジュアリーカードは、先ほど紹介したブラックダイヤモンド以外に、チタン、ブラック、ゴールドとラインナップがあります。

その中で、最上位のゴールドカードを推奨します。

 

ラグジュアリーカードは「年会費全額返金保証制度」を利用することで、お試し利用が可能なクレジットカードです。

詳細は下記の記事にまとめております。

【注意】半年ではない?ラグジュアリーカード【年会費全額返金保証制度】いつまで対象?

年会費(税込) 220,000円
国際ブランド マスターカード

JCBゴールドカード

JCBゴールドカードは、JCBが発行するプロパーカードで30代以上の方におすすめできます。

JCBザ・クラスを入手するための登竜門ともいえるカードです。

 

直接申込可能なカードで、JCBプラチナもありますが少し審査基準が厳しいです。

JCBゴールドカードで利用実績(クレヒス)を磨くことで、JCBザ・クラスのインビテーション(招待)への道は開けます。

特例?JCBゴールドから直接ザ・クラスへのランクアップ招待がある

【JCBザ・クラス】最速3年で取得!インビテーションの条件は?普通のサラリーマンでも可能!

年会費(税込) 11,000円(※初年度年会費無料)
国際ブランド ジェーシービー

マリオットボンヴォイアメックスプレミアム(旧SPGカード)

 

僕が1番愛用しているカードがコレです。

「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」です。

ホテル系のクレジットカードですが、マイルも爆速で貯まります。

アメックスの入会キャンペーンを利用すれば、超お得で利用可能です。年会費の元を十分に取れます。

【解説】改悪・追加特典含めてマリオットBONVoYアメックスプレミアムの魅力を紹介

年会費(税込) 49,500円
国際ブランド アメリカン・エキスプレス

エポスプラチナカード

最後に紹介するのは「エポスプラチナカード」です。

このカードを一言でいうと、コスパ最強クレカです。

年会費を支払いたくないけど、ステータス性の高いクレカが欲しい(ステータス性の高いクレカと同等のサービスを受けたい!)

そんな人にもってこいのクレジットカードです。

年会費は発生しますが、条件次第で年会費を相殺可能です。

【解説】条件次第でエポスプラチナの年会費が変わる?ポイント払いで実質無料?

年会費(税込) 20,000円
国際ブランド ビザ

20代からクレヒス(信用)を磨こう

今回、ステータス性の高いクレジットカードを中心に紹介させていただきました。

30代以上とお伝えしておりますが、20代からクレヒスを磨くことがとても大切です。

クレヒスとは?

クレヒス(クレジットヒストリー)とは、クレジットカードやローンの利用履歴と、それに基づく信用情報のことです。クレヒスには、本人識別情報や契約内容情報、支払い状況の情報などが記録されます。カード会社や金融機関は信用情報機関に加盟しており、信用情報機関には利用者ごとの情報が記録されています。記録されているクレジットカードの利用履歴や信用情報は、加盟しているカード会社や金融機関にも共有されるのです。

出典:三井住友銀行

クレジットとは「信用」のことです。

20代から信用を積み重ねていくことで、30代のなる頃には、一部を除いて、ほとんどのクレジットカードの審査で落ちることはありません(フリーランスの方の場合は、毎年一定以上稼ぐなど会社員より信用を得るのは難しいですが)。

信用が高ければ、カード会社からインビテーション(招待)が届くようになります。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

本記事では、ステータス性の高いクレジットカードを中心に紹介してきました。

 

さいごに伝えたいことがあります。

ステータスクレカは、年会費が発生するのでもったいないと思う方もいらっしゃるかと思います。

 

ですが、実は使い方次第でめちゃくちゃお得になるのが、このステータス性の高いクレジットカードなのです。

 

実はめちゃくちゃお得!ステータスクレカ!

  • マイルが爆速で貯まり航空券代を無料にできる
  • 高級ホテルにお得に泊まれる
  • 特別なギフトを手にできる

【2022年版】JCBザ・クラス メンバーズ・セレクションが到着

上記は一部ですが、ステータス性の高いクレジットカードには年会費に見合うそれ相応のメリットがあります。

ご自身のライフスタイルに合わせて、本当に役立つものを見つけたらぜひ狙ってみることをおすすめします。

きっと満足するクレジットカードは存在しますよ!!

それではまた!!

ABOUT US

クレジットカードアドバイザー®︎
過去、クレジットカードのキャッシングなどを繰り返し、借金200万円ほど抱えるも、お金の管理を徹底し完済した経験を持つ!現在は「JCBザ・クラス」や「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」、「ラグジュアリーカードゴールド」といったステータスの高いクレカを手にできるまで信用が復活!実際のクレカ保有経験をもとに情報発信。また、家計簿アプリのマネーフォワード MEを活用したお金の管理も得意とする。