クレジットカードの階層は?ステータスの高いクレカの条件

【家族カード発行】おすすめステータス性の高いクレカ!利用者の視点から解説

 

クレジットカードに家族カードがあるのはご存知でしょうか。

家族カード発行に関する疑問

・そもそも家族カードって何?

・どんなメリットがあるの?デメリットは?

・無料で発行できるの?

今回はこんな疑問に対して、家族カードを発行・利用している僕が、実際の経験を踏まえて解説していきます。

保有者が解説!30代以上おすすめステータスクレカ【クレカの階層】

クレジットカードの家族カードとは?

家族カードとは、クレジットカードの所有者である本会員と同様に本会員の家族に同じカードを追加で発行できるカードのことです。

通常、クレジットカードを申し込む場合、審査が必要となるため、主婦やフリーター、学生など収入面で審査が不利に働くことがあります。

ですが、家族カードの場合はそんなの関係なく、本会員の信用で保有することが可能となります。

家族カード発行の条件は、本会員の配偶者、18歳以上(高校生を除く)の子供、両親です。

家族カードの特徴とは?

家族カードの特徴としては下記の点が挙げられます。

  • 本会員に近いサービスを受けられる(全てではありません)
  • 暗証番号を本会員と別に設定可能
  • カード番号・名義人がユニークになる
  • 支払いは本会員の口座から引き落とされる
  • 利用枠が増えるわけではない

 

それぞれの特徴を踏まえて、家族カードのメリット・デメリットを次に解説していきます。

くるパ
家族カードの特徴を押さえておくことで上手に活用することができるよ。

 

家族カード発行のメリット

それでは、家族カード発行のメリットです。

主に下記の点が挙げられます。

  • 本会員の信用を適用できる(上位カードが発行可能)
  • 本会員に近いサービスを受けられる
  • クレヒス(利用実績)が磨きやすくポイントが最大で貯まる
  • 年会費が安いもしくは無料
  • 家計管理しやすくなる

 

本会員の信用を適用できる

家族カードの最大のメリットは、本会員の信用を家族に適用できる点にあります。

つまり、本会員がステータスの高いクレジットカードを持っていた場合、そのカードを家族が持つことが可能になります。審査はいっさい不要です。

 

例えば、僕の場合ですが、「JCBザ・クラス」や「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」を保有しており、妻にそれぞれ家族カードを発行しております。

【解説】改悪・追加特典含めてマリオットBONVoYアメックスプレミアムの魅力を紹介

【解説】JCBザ・クラスで家族カードを発行!メリットは年会費無料

通常、上位のクレジットカードはクレヒスが審査に大きく影響するため、発行する本人に信用がないと、すぐに入手することができません。

特にJCBザ・クラスは、インビテーション(招待)必須のため取得難易度の高いカードですが、家族カードに関してはすぐに発行してもらうことができます。

これも家族カードならではのメリットです。

 

本会員に近いサービスが受けられる

家族会員は、本会員に近いサービスを受けることができます。

旅行保険の補償や、空港ラウンジ・コンシェルジュサービスの利用などなど。

注意としては、本会員のサービスすべてを受けられるわけではありません。カード会社によって、家族会員のサービス適用範囲は異なります。

 

クレヒス(利用実績)が磨きやすくポイントが最大で貯まる

家族カードを発行することで、利用実績が積み上げやすくなり、その分ポイントを最大で受け取ることができます。

我が家ではApple Payを支払いの基本としておりますが、日々の支払いをクレジットカードで決済することで、利用実績が簡単に積み上がっていきます。

家族カードを保有した家族のコンビニで支払った金額など、日々の支払いのすべてをカウントしてくれるので、クレヒスを磨くことができます。

クレヒスとは?

クレヒス(クレジットヒストリー)とは、クレジットカードやローンの利用履歴と、それに基づく信用情報のことです。クレヒスには、本人識別情報や契約内容情報、支払い状況の情報などが記録されます。

出典:三井住友カード クレヒスとは?信用情報を傷つけるNG行動と対処法

僕の場合、アメックスの入会キャンペーンを利用することがあり、この場合にも家族カードのメリットを活かせます。

アメックスの場合、「入会から●ヶ月以内に一定の金額を決済する」ことで、通常では貯めるのにすごい時間がかかるほどのポイント数を短期間に大量に獲得できるキャンペーンがあります。

家族カードは生計が一緒になるので、利用実績を積み重ねやすく、その結果、キャンペーンの利用額を達成しやすくなります。

【ANAアメックス・ゴールド】家族カードを発行!メリットを解説

無料でハワイ?【ANAアメックス・ゴールド】キャンペーンが激アツ

 

年会費が安いもしくは無料

家族カードは年会費が本会員と比べて安い傾向にあります。

カードによっては、家族カード発行が無料のものもあります。

本会員と近しいサービスが受けられるうえいに、無料で発行できるとなれば、利用しない手はないですね。

上位のステータスカードをお持ちの方は、利用した方がお得です。

 

家計管理しやすくなる

請求がまとめて本会員に届きますので、家計管理がしやすくなるというメリットがあります。

誰が何に使ったのかもわかるため、家族間で情報をシェアしながら家計改善に取り組むことが可能です。

 

家族カード発行のデメリット

メリットをお伝えしてきましたが、家族カード発行によるデメリットもないわけではありません。

個人的に利用していて、デメリットとして感じるのは主に下記の点です。

  • 利用限度枠が増えるわけではない
  • 利用明細がバレる

 

利用限度枠が増えるわけではない

まず、家族カードを発行したからといって、利用限度枠が増えるわけではありません。

ここは注意が必要な点です。

利用限度額は家族カードを発行しても増えるわけではないので、本会員と発行した家族会員でその枠を共有することになります。

 

利用明細がバレる

また、請求も本会員にまとめて請求されますし、利用明細はすべて本会員、及び家族会員の全員がすべて確認することができてしまいます。

つまり、何にいくら使ったのか隠すことができないというデメリットが発生します。

 

こんな感じで、家族カードのクレジットカード利用額は会員別に表示されます。

クリックすると、ドリルダウンで明細が見れるようになっています。

 

ですので、家族にバレたくない支払いがある、家族にはバレずに買いたいものがある場合には、家族カードはおすすめできませんのでご注意ください。

 

家族カード発行はステータス性の高いクレカがおすすめな理由

家族カードを発行するなら、メリットを最大限に活かすためにも、ステータス性の高いクレジットカードで発行することがおすすめです。

その理由としては下記の点です。

  • 上位カードのサービスが受けられる(旅行保険の適用範囲が本会員と同じ)
  • 上位カードほど家族カードを無料で発行できる(※カード会社によって多少異なる)

 

家族カードは、上位のステータスカードを家族側の信用がなくても保有することが可能です。

上位カードほど、旅行保険など補償額が充実している場合が多いので、本会員のステータスが高ければ高いほど、そのまま家族にも恩恵を受けさせることができるようになります。

 

実際に僕は、JCBザ・クラスの家族カードを発行したことで、妻にもザ・クラスの海外旅行保険を適用させることができました。

その結果、別途、海外旅行保険に加入しなで済みました(旅費を抑えることができた)。
安心してハワイ旅行を楽しむことができたのも、家族カードのおかげとも言えます。

【結論最強】ハワイ オアフ島でJCBカードが使える?クレカでチップ支払い方法も解説

 

保有者推薦!家族カード発行無料のステータスクレカ3選

では、実際に家族カードを発行したい場合、ステータス性の高いほど恩恵を受けられるとお伝えしましたが、どのクレジットカードがおすすめなのでしょうか。

僕がこれまで保有してきて、間違いがないと感じたクレジットカードで下記の条件を満たしているものに選定してみました。

 

条件1:直接申込可能(インビテーション不要)
条件2:ゴールドカード以上(ステータス)
条件3:家族カード発行が無料

 

【おすすめのクレジットカード】

  • エポスゴールドカード
  • JCBゴールド
  • マリオットボンヴォイアメックスプレミアム

 

エポスゴールドカード

年会費(本会員) 条件達成で無料
(エポスカードからの招待で入会or年間ご利用額50万円以上利用orファミリー登録)家族カード年会費
年会費(家族会員) 無料
ポイント還元率 0.5%
家族会員対象者 本会員の二親等以内で18歳以上
国際ブランド ビザ

【解説】条件次第でエポスプラチナの年会費が変わる?ポイント払いで実質無料?

JCBゴールド

年会費(本会員) 11,000円(税込)

初年度年会費無料(オンライン入会の場合のみ)

年会費(家族会員) 1名様無料、2人目より1名様につき1,100円(税込)
本会員の年会費が無料の場合、家族会員も無料
ポイント還元率 0.5%〜5%
家族会員対象者 生計を同一にする配偶者・親・子ども(高校生を除く18歳以上)
国際ブランド ジェーシービー

特例?JCBゴールドから直接ザ・クラスへのランクアップ招待がある

マリオットボンヴォイアメックスプレミアム

年会費(本会員) 49,500円(税込)
年会費(家族会員) 1枚無料/2枚目以降24,750円(税込)
ポイント還元率 1%〜2%
家族会員対象者 配偶者・ご両親・18歳以上の子ども
国際ブランド アメリカン・エキスプレス

【解説】改悪・追加特典含めてマリオットBONVoYアメックスプレミアムの魅力を紹介

さいごに

いかがでしたでしょうか。

クレジットカードは活用次第でお得になりますし、貯めたポイントの恩恵を受けることで生活が楽しくなります。

支払いをクレジットカードにまとめるだけで、ポイントが一気に貯まります。今回ご紹介した家族カードを活用すれば、ポイントはびっくりするくらい貯まるはずです。

クレジットカードを賢く活用したい場合は、家族カードもぜひ検討してみることをおすすめしますよ。

それではまた!!

ABOUT US

クレジットカードアドバイザー®︎
過去、クレジットカードのキャッシングなどを繰り返し、借金200万円ほど抱えるも、お金の管理を徹底し完済した経験を持つ!現在は「JCBザ・クラス」や「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」、「ラグジュアリーカードゴールド」といったステータスの高いクレカを手にできるまで信用が復活!実際のクレカ保有経験をもとに情報発信。また、家計簿アプリのマネーフォワード MEを活用したお金の管理も得意とする。