【推奨】JCBザ・クラスの修行はJCBゴールドから

【極上クレカ】JCBザ・クラスのインビテーション条件を解説!ステイタスを手にするなコレ

※本記事はGoogleアドセンス及びアフィリエイト広告を利用しています。

悩む人
JCBザ・クラスを手に入れたい!インビテーションってどうしたら届くの?
くるパ
実際にJCBザ・クラスのインビテーションを受けて4年保有している僕がポイントを解説します。

 

JCBザ・クラスを手にしてから4年目に突入しました。現在は、家族カードも発行して日々活用しています。

【解説】JCBザ・クラスで家族カードを発行!メリットは年会費無料

 

実際に、JCBザ・クラスを保有して感じるメリットとしては、メンセレディズニー特典抜群のステイタスです。

 

JCBザ・クラスのメリットについては、下記の記事で詳しく解説しておりますので、興味があれば合わせてお読みください。

【JCBザ・クラスのメリット】所有者が実際の体験を元に魅力を解説

【公式サイト】JCBゴールド

【公式サイト】JCBプラチナ
 

JCBザ・クラスとは?

そもそもJCBザ・クラスが何?という方のために簡単に説明いたします。

カード概要については下記の通りです。

クレジットカード名 JCBザ・クラス(THE CLASS)
カード券面
国際ブランド JCB(ジェーシービー)
年会費 55,000円(税込)
還元率 0.5%〜5.5%
ポイントプログラム OkiDokiポイント
入手方法 インビテーション(招待制)

国内初の国際ブランドJCBが発行する最上位のクレジットカード

 

 

 

JCBは、日本初の国際ブランドです。

 

国際ブランドは簡単にいうと、世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのことを指します。

 

代表的なものでいえば、VISAやマスターカードなどが挙げられます。国際的なシェアはVISAやマスターカードには劣りますが、JCBもVISAやマスターカードに並んで国際ブランドとしての地位を確立しています。

 

そのJCBが直接発行するプロパーカードの最上位に位置付けられているのが、今回ご紹介するJCBザ・クラス(THE CLASS)です。

 

JCBザ・クラスはブラックカード?

悩む人
JCBザ・クラスってブラックカードなの?
くるパ
JCBザ・クラスはJCBの中ではブラックカードに該当する位置付けとなっています。世間一般的には意見が分かれるところですが、プラチナカードに該当するカードです。

 

JCBザ・クラスは世間一般で言われるブラックカードとは少し異なります。

 

本当のブラックカードはアメックスが発行するセンチュリオン・カードだけです。

 

クレジットカードの階層やブラックカードについては下記の記事で詳しく解説しています。

保有者が解説!30代以上おすすめステータスクレカ【クレカの階層】

 

JCBザ・クラスはJCBの中では、ブラックカードというポジションになります。そのため抜群のステイタス性を兼ね備えています。

 

 

JCBザ・クラスを手にするにはインビテーションが必須

 

残念ながらJCBザ・クラスは直接申し込みで手に入れることはできません。

【インビテーション必須】JCBザ・クラス突撃は不可!メンバーズデスクにも確認

 

JCBザ・クラスを取得するためにはインビテーションが必須です。

 

インビテーションとは?
招待状のことでJCB(カード会社)から選ばれた特定の条件を満たした人だけに対して行われます。

 

JCBザ・クラスのインビテーションを受けるための前提条件

JCB側で公式にJCBザ・クラスの審査基準やインビテーションの条件は公開されておりません。

 

ですが、実際にインビテーションを受けて4年間保有している僕の経験からわかった範囲でポイントをお伝えしてきます。

 

JCBのオリジナルシリーズカードで利用実績を積み重ねる

出典:JCBオリジナルシリーズのカードラインアップ(JCB公式HP)

 

とても重要なことをお伝えします。

JCBザ・クラスの取得を目指すのであれば、JCBオリジナルシリーズカードで利用実績を積み重ねることです。

 

上記以外のカード(JCBの提携カードなど)でいくら利用実績を積み重ねてもインビテーションが届くことはありませんのでご注意ください。

 

JCBザ・クラスのインビテーションが届くJCBカードはコレ

直接JCBザ・クラスのインビテーションが届くは、ゴールドカードに位置付けされているクレジットカードが対象となります。

 

クレジットカード名 直接申し込み可否 区分 備考
JCBゴールド 可能 ゴールカード
JCBゴールド ザ・プレミア 不可(インビテーション必須) ゴールドカード JCBゴールドからの
アップグレード
JCBプラチナ 可能 プレミアムカード

 

オリジナルシリーズのスタンダードに位置するクレジットカード(JCB一般カードなど)は、利用実績を積み重ねてアップグレードして上記3種のいずれかのカードを目指すことから始めましょう。

 

JCBザ・クラスのインビテーションの条件を解説

悩む人
具体的にJCBザ・クラスのインビテーションが届くために必要な条件ってなんだろう?
くるパ
公式的に条件が公開されていないですが、ポイントさえ抑えればインビテーションは届きます。そのポイントをお伝えします。

 

結論、JCBオリジナルシリーズカードで年間利用金額100万円以上を連続(毎年)で達成し続けることです。

 

上記を達成し続けていたらインビテーションが届く確立はかなり高まります。
※消費者金融で借入したり、他のクレカで返済が滞っていたりしない場合に限ります。

 

 

利用実績は、ショッピングなどでJCBのクレジットカードで決済して、期日にしっかりとお金を返済し続けることで積み重なります。これがクレヒスを磨く意味でもあります。

 

もっと具体的な条件は下記の記事でまとめております。

【JCBザ・クラス】最速3年で取得!インビテーションの条件は?普通のサラリーマンでも可能!

 

JCBザ・クラスのインビテーションに必要な年収は?

悩む人
JCBザ・クラスのインビテーションに高い年収は必要なの?
くるパ
日本人の平均年収は欲しいところですが、それ以上に継続した安定収入だったりクレヒスが重要です。

 

日本人の平均年収以上は必要

結論、最低でも世間一般の平均年収以上は欲しいところです。

 

国税庁が発表するを見る限り、400万円〜500万円くらいでしょうか。男性だけで見ると500万円〜600万円ほどでしょう。

 

ちなみに、JCBザ・クラスのインビテーションが届いた当時の僕の年収は日本人男性の平均年収ほどでした。

 

年収より大事なのはクレヒス

悩む人
年収高くないし、自分には縁がないかな、、
くるパ
あきらめるのは非常にもったいないですよ。

 

今回特にお伝えしたいことが2点あります。

 

  1. 一般的なサラリーマンでもインビテーションは届く
  2. 平均年収程度は必要だが、それよりも安定した継続収入やクレヒスの方が重要

 

JCBザ・クラスは国際ブランドJCBの最上位カードであること、インビテーションでしか手にできないなど、手にする人を選ぶステータスの高いクレジットカードなのは事実です。

 

ですが、一般的なサラリーマンでもインビテーションは届きます。

誰にでも簡単に入手できるとまでは言いませんが、チャンスは多くの人にあります。

 

 

また、年収より安定した継続した安定収入があることや、クレヒスを磨くことの方が重要です。

JCBザ・クラスのインビテーションを手にしたいならこの点を意識しましょう。

JCBザ・クラスに年収は関係ない?「クレヒス」と「安定収入」の方が大事

【JCBザ・クラス】最速3年で取得!インビテーションの条件は?普通のサラリーマンでも可能!

 

クレヒスを磨くうえで絶対にやってはいけないこと

クレヒスを磨くうえで、下記の3点はご法度だと心得てください。

 

  • 支払い遅延
  • 支払いの滞納
  • リボ払い・キャッシング

 

当たり前ですが、支払いの遅延や滞納はNGです。約束を守れない信用のない人にインビテーションが届くはずもありません。

 

JCBカードだけでなく、他のクレジットカードも同様です。

すべて指定信用情報機関のCICに記録されておりますので隠すこともできません。

 

また、リボ払い・キャッシングをできるだけ避けましょう。

 

インビテーションは郵送簡易書留で届く

見事JCB側の審査に通ると、簡易書留で登録されている住所にインビテーションが届きます。

 

こちらは、旧デザインです。

 

くるパ
新デザインがこちら。シンプルで上品かつ高級感がありかっこいいです。

 

JCBザ・クラスのデメリットは?

悩む人
JCBザ・クラスのデメリットは?
くるパ
もちろんデメリットもあるので、本当に自分に適しているかは慎重に判断が必要です。

主にデメリットとしては、下記の点です。

 

  • インビテーションが届くまでに時間がかかる
  • 年会費が55,000円(税込)と高い

 

 

インビテーションは最短でも数年はかかる

社会的地位の高い職業についている人を除き、JCBザ・クラスのインビテーションを受けるまでには、最短でも数年は要します。

僕の場合は、初めてJCBカードを利用してから3年かかりました。

 

今すぐ手にしたいと思っている方には、このカードはおすすめしません。

 

JCBザ・クラスを入手するまでに修行が必要ですが、時間をかければ手にできるチャンスは十分にあります。

【推奨】JCBザ・クラスの「修行」はJCBゴールドから「クレヒス」を磨くべし

 

取得に時間がかかるということは、それだけ手にすることの価値が高さを証明しています。

 

年会費が高い

1番のネックは年会費が高いことですね。

55,000円(税込)します。

 

実際にこの値段分の元が取れるか気になるところですね。

僕としては、元が取れると判断しているため、4年間も継続して保有し続けています。

【元が取れる】JCBザ・クラスの年会費は高い?おすすめな人とは?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後にまとめです。

まとめ

  • JCBザ・クラスは日本初の国際ブランドであるJCBの最上位ステイタスクレカ
  • インビテーションを受けるにはJCBオリジナルシリーズカードでクレヒスを磨く
  • 普通のサラリーマンでもクレヒスを磨くことでインビテーションは届く
  • 年収より継続した安定収入やクレヒスを磨くことの方が重要
  • JCBザ・クラスのデメリットは年会費の高さと取得までの時間

それではまた!!

【公式サイト】JCBゴールド

【公式サイト】JCBプラチナ

ABOUT US

クレジットカードアドバイザー®︎
過去、クレジットカードのキャッシングなどを繰り返し、借金200万円ほど抱えるも、お金の管理を徹底し完済した経験を持つ!家計簿アプリのマネーフォワード MEを活用したお金の管理を得意とする。現在は「JCBザ・クラス」や「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム→プラチナエリート会員」「ラグジュアリーカードゴールド」といったステータスの高いクレカを手にできるまで信用が復活!実際のクレカ保有経験をもとに情報発信。クレジットカードの特典やポイントを使って、ディズニーやハワイ、ホテル宿泊をお得に楽しむことが大好き。